子宮がんシキュウガン

子宮がんはどんな病気?
子宮がんとはご存知の通り子宮内に癌細胞ができる病気です。区や市の自治体によって違いはありますが、検査で早期発見すればもちろん大事に至りません。検査によってわかりにくい癌もありますが、子宮癌は比較的検査で見つけ易いものです。1年に一度の検査はお勧めですね。私もなかなか検査に行かず後回しにしてしまいますが、検査は子宮けい癌の検査も一緒に出来ますので、是非定期的に検査は受けましょう。


子宮がんの症状
子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんの二種類あります。初期の場合ですと、不正出血、性交痛程度しかありませんので、生理不順と勘違いされることが多いです。これが更に進行していくと、痛み、血尿、血便、尿が近くなるといった症状も出てきます。子宮頸がんの場合は転移の危険性も高まります。末期になると、悪臭のするおりものが出てきて全身がやせ衰えてきます。

子宮がんの原因
子宮がんはほかのがんと違い、原因がはっきりとわかっています。ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスからの感染であることが明らかにされています。この発がん性HPVは皮膚と皮膚または粘膜の接触により感染するといわれています。多くの場合、性交渉で感染します。ですから性行動の経験がある女性のすべてが発病する可能性があります。

子宮がんの検査と診断
子宮がんの検査方法は、まず膣の中に専用の器具を入れて内部を広げます。そして膣の皮膚組織を綿棒のようなもので少し採取して終了です。初めて検査を受けるかたは、皮膚組織を採取するとイメージから痛いのではないかと恐怖を覚えてしまいます。しかし皮膚組織を採取する時は痛みは殆どなく、力を入れずにリラックスしていればあっという間に終了します。

子宮がんの治療方法
子宮がんの治療は外科手術療法と放射線療法、化学療法、ホルモン療法の4つの治療法があります。病気の進行度や広がり具合をみて治療を行います。外科手術は1番一般的な治療です。手術時にがんの広がりを正確に判断することができ、がんを取り除くことができます。外科手術によってその後、放射線療法や化学療法が必要かどうかを判断します。ホルモン療法は手術しない段階のがんの場合において、選択されることがあります。

子宮がんの初診に適した診療科目

子宮がんの専門外来

子宮がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ