神経芽腫シンケイガシュ

神経芽腫はどんな病気?
腎臓の上にある副腎や、頸から骨盤までの脊椎の両側にある交感神経節から発生する腫瘍です。


神経芽腫の症状
痛みで発症することが多く、発生部位によって腹痛や胸痛が発生します。腫瘤による症状として,お腹が大きくなったりしこりをふれたりします。全身症状として、不定の発熱、貧血、食欲不振、嘔吐、腹痛、下痢、やせ、高血圧などが見られます。

神経芽腫の検査と診断
交感神経節細胞に由来する腫瘍細胞のために、カテコールアミンという物質を産生する性質があり。9割以上の患者さんで尿中にVMA、HVAと呼ばれるカテコールアミン代謝産物がたくさん排泄されています。

神経芽腫の治療方法
早期に発見され腫瘍摘出が可能な場合は、腫瘍摘出術を行います。

神経芽腫の初診に適した診療科目

神経芽腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ