脊髄腫瘍セキズイシュヨウ

脊髄腫瘍はどんな病気?
脊髄腫瘍とは、脊髄内部やその周辺の細胞に発生した腫瘍のことです。悪性のものと良性のものがあり、腫瘍の位置によって名称も変わってきます。その原因は組織の異常な増殖によるものですが、何が増殖を引き起こすのか明確な理由はわかっていません。症状は発生部位などにより異なりますが、その部位での疼痛が起こります。腫瘍が大きくなると神経麻痺や排尿障害が発生してきます。


脊髄腫瘍の症状
脊髄腫瘍とは、脊髄内部やその周辺の細胞に発生した腫瘍のことです。悪性のものと良性のものがあり、腫瘍の位置によって名称も変わってきます。その原因は組織の異常な増殖によるものですが、何が増殖を引き起こすのか明確な理由はわかっていません。症状は発生部位などにより異なりますが、その部位での疼痛が起こります。腫瘍が大きくなると神経麻痺や排尿障害が発生してきます。

脊髄腫瘍の原因
脊髄腫瘍が出来た場合どのような症状が出るかというと、良性の場合は、進行が比較的遅く、数カ月から、数年の経緯で、進行します。悪性の場合は、一般的には手足の感覚が障害されるなどの状態が発生します。局所に渡り、痛みが出てくる場合もあります。腫瘍が大きくなるにつれて、手足の麻痺が生じてきて、進行すると、尿や、便を失禁するようになります。

脊髄腫瘍の検査と診断
脊髄腫瘍になると考えられている原因については、組織が異常に増殖してしまうために引き起こされますが、その理由については、現在のところはっきりとしたことは分かっていません。この病気を引き起こすのは、血管性腫瘍、髄膜腫、神経膠腫、上衣細胞腫などが挙げられますが、脊髄神経の一部である脊髄神経根に出る神経鞘腫が半数以上を占めています。

脊髄腫瘍の治療方法
脊髄腫瘍の検査方法は、脊椎のレントゲン検査、CTスキャン検査、MRIスキャン検査などの画像検査が行われます。レントゲン検査や、CTスキャン検査では、椎体の貝柱様変形、椎弓間距離の拡大、椎弓の菲薄化などの骨破壊が見られます。しかし、骨破壊が確認できない場合があり、その場合はMRIスキャン検査が有効です。MRIは腫瘍や脊髄への圧迫なども画像確認が可能で最も有効な検査です。

脊髄腫瘍の初診に適した診療科目

脊髄腫瘍の専門外来

脊髄腫瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ