蜂窩織炎ホウカシキエン

蜂窩織炎はどんな病気?
蜂窩織炎とはリンパ浮腫による合併症のことです。リンパ液は栄養が豊富なので細菌が増殖しやすい環境にあります。発症するとむくみや赤い斑点、38度以上の高熱がでます。治療法には抗生物質の服用とできる限りの安静が必要とされます。完治してもまた再発しやすいため、日頃から虫刺されやケガや傷、ストレスなどを避けるようにしなければなりません。


蜂窩織炎の症状
蜂窩織炎の主な症状は、浮腫がでる部分に痛みが走り腫れ上がり発赤します。そして、38度以上の高熱がでます。関節の痛みや寒気や頭痛を伴う事もあります。そのまま放置すると稀に皮膚が硬くて厚くなり象皮症になる恐れや患部がブヨブヨになり膿が出る事もあります。患部が腫れて熱を持つので痛みとともに不快を感じます。顔面や四肢によく発症します。

蜂窩織炎の原因
蜂窩織炎は、分権によって、「蜂巣織炎」や「蜂巣炎」などと呼ばれ、リンパのうっ滞や浮腫から怪我(小さな傷も含む)などによって炎症を引き起こす合併症です。黄色ブドウ球菌によるものが主な原因となることが多いですが、化膿連鎖球菌などによって発症する例もあります。上記のような例のみならず、毛穴や汗管、骨髄など深い組織に発症した感染症によっても菌が繁殖し、皮下脂肪組織に伝わって炎症が起こります。

蜂窩織炎の検査と診断
蜂窩織炎の検査方法は、主にふたつあげられます。まずひとつめが血液検査です。血液検査では、白血球が増加していたりCRPと呼ばれるC反応性たんぱくが通常血液中に含まれる量よりも上昇傾向にあります。また、もうひとつの検査は、膿を培養した時に検出される菌を調べる方法です。この病気は皮膚の真皮から下層部分が化膿性炎症を起こすもので、黄色ブドウ球菌が検出されます。

蜂窩織炎の治療方法
蜂窩織炎の治療法は、抗菌薬の内服または点滴静注が必要となります。赤色で熱感のある場合は安静にして冷やします。炎症が重症な時は入院となる場合もあり、ベッド上で安静にしセファゾリン等原因菌群に合わせ、抗生物質の点滴投与となります。外来治療ならば安静にし、抗生物質の経口投与を約7日間程度行いますが、それ以上に日数がかかる場合もあります。

蜂窩織炎の初診に適した診療科目

蜂窩織炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ