慢性リンパ性白血病マンセイリンパセイハッケツビョウ

慢性リンパ性白血病はどんな病気?
慢性リンパ性白血病は、欧米の高齢者や男性に多く見られる白血病の一つで成熟Bリンパ球というものが末梢血と骨髄で自律的に増殖してしまうリンパ性腫瘍です。半数以上の人は自覚症状がなく、病気の進行自体も遅く、治療をしないで済む人もいます。病気が進行した場合には、貧血や血小板の減少がみられ、さらには自己免疫疾患を併発するケースもあります。


慢性リンパ性白血病の症状
慢性リンパ性白血病とは骨髄中でリンパ球(白血球の一種)が過度に多く作られます癌の一種です。初診時症状のあります場合ですが、怠慢感、体重減少、寝汗をかくが多く、進行してきますと貧血、血小板減少、日和見感染や自己免疫疾患になります。血液内科医が診断しますために全血球数算定検査、細胞遺伝的分析、骨髄生検・吸引などがおこなわれます。

慢性リンパ性白血病の原因
慢性リンパ性白血病が発生する原因は不明ですが、有力な説は日本人に少なく主に欧米で多い(アメリカに住む日系人には少ない)ことから遺伝的要因が考えられていますが、遺伝的要因だったとしてもその遺伝子が見つからず、明確な根拠がありません。しかしウイルスの突然変異は様々認められており、13q-(数字q-=その番号の染色体が1本しかないこと)、11q-、12トリソミー(12番目染色体が1本多い)があります。

慢性リンパ性白血病の検査と診断
慢性リンパ性白血病の検査方法は、血液検査で行います。血液中の白血球の数が一定量、通常の人の5倍の数値をこえるとこの病気の可能性が疑われます。この病気のための検査ではなく、健康診断や他の病気の血液検査で偶然発見されるというケースも少なくありません。精密な検査には電子顕微鏡を使ったタンパクや細胞の画像による診断も行われます。

慢性リンパ性白血病の治療方法
慢性リンパ性白血病の、治療法は、待機療法があります。これは、経過観察をして病気が現れるのを待ちます次に、放射線治療です。X線をあてておこなう治療です。次に、化学療法です。薬により、治しますが、吐き気や嘔吐をする場合があり、辛いです。次に、手術療法です。名前の通り、手術により摘出する方法です。確実にとることにより、再発を防ぎます。

慢性リンパ性白血病の初診に適した診療科目

慢性リンパ性白血病の専門外来

関連部位から他の病名を探す

慢性リンパ性白血病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ