肝内胆汁うっ滞症カンナイタンジュウウッタイショウ

肝内胆汁うっ滞症はどんな病気?
胆汁の流れが阻害され、胆汁の成分が肝臓内や胆管内に滞り、血液中に漏れ出す病気です。


肝内胆汁うっ滞症の症状
黄疸や皮膚掻痒感が顕著な症状として現れます。

肝内胆汁うっ滞症の原因
肝細胞及び肝内胆管の障害により、胆汁の流れる量が少なくなり滞ることによります。

肝内胆汁うっ滞症の検査と診断
血液検査で異常が発見された場合は、超音波検査やCTスキャンによって診断します。

肝内胆汁うっ滞症の治療方法
病因となる症状の治療によって胆汁うっ滞似寄る症状は徐々に改善されます。また、症状に応じて手術や内視鏡による治療が用いられることもあります。

肝内胆汁うっ滞症の初診に適した診療科目

肝内胆汁うっ滞症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ