直腸脱チョクチョウダツ

直腸脱はどんな病気?
直腸脱とは、肛門から直腸粘膜や直腸壁の全層が出てしまう病気で、痔核・粘膜脱といった粘膜の一部が出てしまうものとは異なります。ひどい時には、直腸が反転し、直腸壁全層が10~20センチメートルほど肛門から飛び出てしまう場合もあります。症状の現れ方としては、排便時に直腸粘膜が脱出してしまうことが主ですが、さらに進行すると歩行時にも脱出してしまうこともあり、肛門括約筋の障害や便秘症等の排便障害を伴います。

直腸脱の症状
直腸脱とは骨盤の底部と直腸の固定状態が異常であることによって発生する状態です。便秘や排便時のいきみなどによって肛門から直腸の粘膜や直腸壁が飛び出してしまうという特に高齢の女性に多くみられる病気です。先述のように直腸の粘膜などが肛門から飛び出すのが主症状ですが、重度のケースだと歩いているときにも飛び出すようになり、肛門の筋肉に障害をきたします。

直腸脱の原因
直腸は、骨盤を支える組織(肛門挙筋)によって、下へ下がらないように支えられていますが、加齢により周辺の筋肉が緩んでくることにより、直腸を支えきれなくなり、直腸脱が起こると考えられています。排便時のいきみが誘引になることがあります。そのほか、直腸が短い、肛門括約筋が弱い、S状結腸が直腸に入り込んで起こるなど、原因は様々です。

直腸脱の検査と診断
直腸脱の検査方法は、まずは力を入れて力んだ際に、どれだけ脱出するかを観察する、怒責排便検査をはじめに行います。そして、排便造影検査で、バリウムを直腸に注入し、便を排出する能力と直腸が脱出してくる経緯を観察します。他には、直腸肛門内圧検査で、肛門からカテーテルを挿入して肛門の筋力の低下や、機能低下を調べる検査があります。

直腸脱の治療方法
患者によって治療法をわけるべきです。まず、小児の直腸脱は手術以外の治療をおこないます。便秘の予防や腹圧に注意します。一方で成人では、外科的治療が最適です。開腹して直腸後方および側方を固定する直腸つりあげ固定術が一般的です。高齢者にも比較的安全な方法ですが、麻酔による危険性が高い患者に対しては腰椎麻酔だけで可能な会陰式手術もあります。

直腸脱の初診に適した診療科目

直腸脱の専門外来

直腸脱に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ