血栓性静脈炎ケッセンセイジョウミャクエン

血栓性静脈炎はどんな病気?
表在静脈が問題となる病気で、炎症が先におき、二次的に血栓が形成されます。


血栓性静脈炎の症状
表在静脈の発赤、疼痛が生じます。炎症を起こした静脈の走行を皮膚を通してみることができます。炎症を起こした血管を押さえると痛みがあります。重症例では、皮膚が汚くただれた感じになります。

血栓性静脈炎の原因
静脈瘤、外傷が原因となることがありますが、原因不明も多いです。

血栓性静脈炎の治療方法
局所療法、消炎鎮痛剤、時に抗生剤などで治療を行います。

血栓性静脈炎の初診に適した診療科目

血栓性静脈炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ