副鼻腔炎フクビクウエン

副鼻腔炎はどんな病気?
副鼻腔炎とは、別名蓄膿症としても知られている病気です。ウイルスや細菌また花粉などが原因で発病することがあります。症状は、大量の鼻水・鼻づまり・咳・頭痛・顔面痛・発熱・歯痛など様々です。場合によっては、異臭がすることもあります。耳鼻科で膿を吸引してもらう他、抗生物質を投与することで改善されることもありますが、症状がひどい場合は手術が必要になります。


副鼻腔炎の症状
鼻の穴の周辺にある4つの空洞を指す副鼻腔が炎症を起こすことでなる副鼻腔炎は急性、慢性、好酸球性に分けることが出来ますが、それらに共通する症状は鼻汁、鼻閉、頬部痛、前頭部痛です。この病気の初期は風邪や鼻炎に非常に似ていて、見逃されがちです。風邪が治っても鼻汁が止まらない、喉にひっかかった感覚がある、薬を飲んでも効果が無かったり、鼻汁の色が黄色や濁っていた場合はこの病気を疑うことができます。

副鼻腔炎の原因
副鼻腔炎になる原因の多くは、風邪を引いたことにより起こります。ウィルスや細菌に感染し、鼻粘膜にも感染することで副鼻腔に炎症が生じます。鼻腔と副鼻腔がつながっている部分にも炎症が起き、副鼻腔内の分泌物などを排出することができなくなると、さらに炎症が長引くことがあります。また咽頭炎や扁桃炎、ハウスダストやダニによるアレルギーや虫歯が要因になることもあります。

副鼻腔炎の検査と診断
副鼻腔炎の検査方法は、鼻の副鼻腔は、顔の骨に覆われていて外部からは見えません。ですからおもにfレントゲンで副鼻腔内部を撮影して、内部がどの程度炎症を起こしているのかを調べます。通常は空洞ですので黒く写るのですが、この炎症を発症していると白く膿が溜まっていることが確認できます。レントゲン撮影が困難な場合は、鼻汁の色と問診によって判断します。

副鼻腔炎の治療方法
副鼻腔炎の治療は、最初に鼻汁を採取して鼻汁に潜んでいる原因菌を特定することから始まります。原因菌に対応することができる抗菌薬を投与して症状を鎮めます。痛みを緩和させるために消炎鎮痛薬も併用します。上顎洞の部分に炎症が見られるときには洞内洗浄という治療法でかなり楽になることができます。また、血管収縮薬を用いてふさがっている穴の狭窄を軽減する治療も行われます。

副鼻腔炎の初診に適した診療科目

副鼻腔炎の専門外来

副鼻腔炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ