2型糖尿病にがたとうにょうびょう

2型糖尿病はどんな病気?
2型糖尿病とは、糖尿病を2つに分類化したうちの一つです。贅沢病とも呼ばれるように過食や運動不足、精神的ストレスや加齢など複数の要因が絡むことにより膵B細胞が疲弊し、筋、肝での糖利用低下が起こり、インスリンの分泌や効力不足の結果、血中ブドウ糖が過剰となって尿内に糖分が排泄されます。できるときにできる食事療法と運動習慣を合言葉に、患者さん本人の改善意志そのものこそが最大の改善の鍵となっています。 2型と呼ばれる一般の糖尿病は、糖尿病全体の95%以上を占めます。


2型糖尿病の症状
糖尿病には2つの種類が有ります。圧倒的に遺伝から発症する1型糖尿病、あとは体内のインスリンの出が少ない、インスリンの効果が出てない等の理由から発症する2型糖尿病が有ります。大きな原因は遺伝若しくは、生活習慣の乱れからくるものが殆どです症状の代表的なものは多飲多尿、足がつる等です。主な検査は血糖値を色々な場面で測定し、それを元に診断を出します。治療法は基本的に生活習慣の修正、インスリンの投与等です。

2型糖尿病の原因
2型糖尿病は血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌低下、もしくは感受性低下が原因で起こります。インスリンは体内で唯一血糖を下げるホルモンであるため、これが機能しないと血糖値は高いままとなります。遺伝的要因もありますが、環境的要因も関わってきます。この環境的要因には不摂生による肥満や喫煙・飲酒、運動不足が挙げられます。 実際、通常は血縁関係がない夫婦間でも、一方が2型糖尿病の場合、そうでないケースに比べて、配偶者も糖尿病を発症する率が30%以上も増えると報告されています。家庭内の生活習慣には共通点が多いからと考えられているからです。
遺伝的要因では、親や兄弟に糖尿病がある人では、本人が発症するリスクも2~2.5倍に増えています。

2型糖尿病の検査と診断
2型糖尿病の検査方法には、まず尿検査があります。しかし、尿検査だけでは、確定診断にならない為、血液検査を行います。この血液検査を行う場合、食事時間が大きく数値に影響する為、検査を行う時間に合わせて、絶食状態で採血を行う場合や、採血前2時間の時刻で、食事を摂取しなければならない場合などがあるので、医師の指示に従って検査に備えることが大切です。

2型糖尿病の治療方法
2型糖尿病の治療法で一般的なものは、食事療法と運動療法を含めた生活習慣改善と、肥満の解消になります。それでも効果が不十分な場合には、薬物療法が追加されます。血糖コントロールの指標としては、HbA1Cと空腹時・食後血糖値を用いて、体重、血圧、血清脂質値(コレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪等)についても、良好な数字に近づけるようにします。また、最近では糖質制限による治療も行われています。

2型糖尿病の初診に適した診療科目

2型糖尿病の専門外来

2型糖尿病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ