外痔核がいじかく

外痔核はどんな病気?
肛門側の皮膚にできる痔。肛門縁付近にある、下痔静脈叢に血液がたくさん入って膨れた状態をいいます。

外痔核の症状
症状が小さい場合:
ほとんど痛みもなく肛門周囲のしこりだけが症状の時は、手術はほぼ必要ありません。
日常生活に注意をして坐薬や軟膏を塗っていれば、時間の経過とともに腫れがなくなります。

症状が大きい場合:
しこりが非常に大きいとき、痛みが非常に強いとき、また内痔核も同時にあるときは、手術が必要です。
手術は内痔核もあるときは、内痔核結紮切除術をくみあわせて外痔核もとる手術を行います。

関連部位から他の病名を探す

外痔核に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ