過敏性肺炎カビンセイハイエン

過敏性肺炎はどんな病気?
過敏性肺炎は、抗原の反復吸入によって起こるアレルギー性肺炎のことで、急性と慢性がある病気です。急性では原因抗原から離れることができれば回復しますが、慢性になると病変と症状が続き、進行することもあります。


過敏性肺炎の症状
急性のものは特定の抗原の曝露から数時間後に咳や発熱、呼吸困難などを発症します。

過敏性肺炎の治療方法
抗原の吸入を避けるようにします。家庭環境が原因の場合は、掃除や消毒、木の腐った部分を除去し、風通しをよくするなどの工夫も重要です。また、防御マスクの装着などが効果を示す場合もあります。 中等症、重症では、発熱、呼吸困難、低酸素血症などがあるため、ステロイド薬の経口・点滴投与や酸素吸入が必要になることがあります。

過敏性肺炎の初診に適した診療科目

過敏性肺炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ