感染後性ニューロパチーカンセンゴセイニューロパチー

感染後性ニューロパチーはどんな病気?
感染後性ニューロパチーと言うのは、風邪や下痢などの症状が治ってから起こる手足のしびれや筋力の低下といった症状を引き起こす病気です。症状が重症化してしまうと人工呼吸器が必要にもなりますが、神経を攻撃する抗体を取り除く血漿交換などを行って治療を行えば感染後性ニューロパチーは、発症後1,3週間ほどで症状がピークになりその後次第に落ち着いて回復していきます。


感染後性ニューロパチーの症状
感染後性ニューロパチーとはギランバレー症候群とも呼ばれており、風邪症候群や下痢などが治った数週間後に発症する事が多いです。感染後性ニューロパチーの症状は、突然手足のしびれに襲われそのまま悪化し、歩行すらできない状態になるというものです。先に感染していた病気の病原体に似た末梢神経内の成分を、病原体と誤認し身体の免疫機能が働いてしまうことが原因です。

感染後性ニューロパチーの原因
感染後性ニューロパチーは、感冒や下痢などに感染して、それらが治った後、末梢神経内に先行して感染を起こした病原体に似た成分が残留し、それを免疫機構が攻撃することによって引き起こされます。身体の免疫機構がこの残留した病原体に似た成分を、病原体だと勘違いして誤って末梢神経、特に神経の表面を覆っている髄鞘を攻撃してしまうことが原因です。

感染後性ニューロパチーの検査と診断
感染後性ニューロパチーの検査方法は末梢神経伝導検査によるものが一般的です。前腕部の手のひら側側から親指付け根部分の筋肉を支配している正中神経を、肘と手首部分より電気で刺激し、筋活動を記録することで、神経の伝導速度を計算します。このようにして他の神経部分も、その能力の測定が可能です。感染後性ニューロパチー下の神経は電位の振幅が小さくなるため、特に電動速度が低減します。

感染後性ニューロパチーの治療方法
感染後性ニューロパチーの治療法には幾つかのポイントがあります。最新の治療法では、再生医療が用いられており、この治療法では身体との親和性が高く拒絶反応がないために、最も有効な手段として注目されています。又、この疾患では遺伝子を導入する治療方法も開発されており、正常な遺伝子を注射により筋肉に注入する方法も用いられているのです。

感染後性ニューロパチーの初診に適した診療科目

感染後性ニューロパチーの専門外来

感染後性ニューロパチーに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ