眼瞼ミキオニアガンケンミキオニア

眼瞼ミキオニアはどんな病気?
眼瞼ミキオニアとは、瞼の一部がピクピクと痙攣する症状の事です。身体や目の疲れ・ストレスが原因とされていますが、疲れが解消すれば数日から数週間で痙攣は治まります。パソコンで一日中仕事をしたり、携帯電話の画面を長時間見ていると目の疲れやストレスを引き起こし眼瞼ミキオニアの原因になります。仕事が終わった後や休日には、目を休めると予防になります。


眼瞼ミキオニアの症状
眼瞼ミキオニアとは眼瞼けいれんと似た症状で、睡眠不足や疲れていると一時的に片まぶたがピクピクと痙攣を起こします。カーテンを開けて急に強い光が入った時や強い照明下、コーヒーを飲んだ時にも症状が強く出ます。この痙攣が両目まぶたに及ぶと眼瞼けいれんとなり、光を異常にまぶしく感じ、まぶたが開けにくくなります。眼瞼ミキオニアは通常数日~数週間で自然に治まります。

眼瞼ミキオニアの原因
眼瞼ミキオニアの原因は眼精疲労や寝不足などの不規則な生活によるものです。そのほかに強いストレスなど覚醒作用のある食品などの摂取によって引き起こされる場合もあります。パソコンやテレビ、読書やテレビゲームなど長時間目を酷使する活動が原因になって症状が引き起こされるケースもあります。眼精疲労以外で脳の障害や神経系の疾患が原因のケースも一部あります。

眼瞼ミキオニアの検査と診断
眼瞼ミキオニアの検査方法は専門医の目視による検査を基本とし、眼底検査や眼圧検査など眼球自体の検査、角膜や網膜の異常が無いかを専門の機器を使って調べるなど複数の方法が取られる場合が一般的です。運動機能の障害や脳機能の異常などから症状が出てる場合はレントゲン撮影やCTスキャンによる検査も合わせて行われることになります。専門医はその結果から総合的に診断を下していきます。

眼瞼ミキオニアの治療方法
眼瞼ミキオニアの治療法で現在最も安全で確実なものは、ボツリヌス菌の毒素を痙攣している部位の筋肉に注射で投与する方法です。この方法では痙攣を完全に治癒させるものでは有りませんが、2~3ヵ月間抑える効果が有ります。また簡便に出来る対処法は休養を取る事です。充分な睡眠や眼に負担のかかる行為を控えストレスの軽減を図ることによって症状は消失します。

眼瞼ミキオニアの初診に適した診療科目

眼瞼ミキオニアの専門外来

眼瞼ミキオニアに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ