吸着筒炎キュウチャクヅツエン

吸着筒炎はどんな病気?
潰瘍性大腸炎のような炎症性腸疾患の患者は血中のアミノ酸濃度が健康な人と違います。活性化して炎症化するおそれのある白血球の血液をいったん外にだしフィルターなどを通して有害物質を濾過し吸着させてから体内に戻します。その際に利用されるのが吸着筒になります。衛生面が不十分だと吸着筒炎症性反応を引き起こすことになりますので注意が必要です。


吸着筒炎の症状
吸着筒炎は呼吸困難に陥ってしまう可能性のある大変重い症状を持った病気です。喉がひどく腫れて、炎症を起こしてしまいます。そうなってしまった場合食べ物を満足食べることも出来なくなります。喉がとにかく痛いので、人と話すことも困難となってしまいます。扁桃腺が悪くなりやすい方にとっては更に症状が悪化し、発熱なども起こる可能性があります。

吸着筒炎の原因
吸着筒炎の原因となるのは、吸着材です。要するに人工透析の一つである吸着筒法と言うものをしたときに炎症が様々な原因で発生してしまうわけです。炎症自体は珍しいことではありませんし、例えば喉の痛みも炎症の一つです。痛いものではありますが、極端に問題のあるものではなく、あくまで吸着材に対する体の保護反応ですから、そんなに危険なことではないです。

吸着筒炎の検査と診断
吸着筒炎の検査方法は、便検査や血液検査を行って判断します。便検査は便をした後に微量な出血を伴った時にそれがどこから出たのかで判断します。血液検査は何種類かの成分がどのような状態であるかを調べます。経過によっても結果が変わるため最初の問診で何日その症状が出てから建っているかなどを聞かれます。場合によってはX線検査もされます。

吸着筒炎の治療方法
吸着筒炎の治療法は、吸着療法と言う専用の治療方法があります。吸着材を入れた血液を吸着筒に通すことで血液中の病気の原因となっている物質を吸着させて取り出す方法です。人体にあまり影響の出にくい療法のため負担が少なくてよいです。ひどい時は手術によって直すこともありますが、最近ではそこまでなるまで放置することはないので安心できます。

吸着筒炎の初診に適した診療科目

吸着筒炎の専門外来

関連部位から他の病名を探す

吸着筒炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ