外陰上皮内腫瘍ガイインジョウヒナイシュヨウ

外陰上皮内腫瘍はどんな病気?
外陰上皮内腫瘍とは、性器の外陰部に丘疹ができる病気で、別名ボーエン様丘疹とも呼ばれています。20~30代に多くみられる病気で、性行為によりヒト乳頭腫ウイルスに感染し発病します。感染力が強く皮膚や粘膜の接触により感染し、感染すると外陰部の腫れや痒み・痛みなどの症状が現れます。視診や細胞検査で診断し、凍結凝固術や電気メスによる焼灼、外科的手術により治療します。

外陰上皮内腫瘍の症状
外陰上皮内腫瘍の症状は、性器の外陰部にイボができる疾患で外陰部の腫れや痒み、痛みが生じます。男性では陰茎や陰嚢、女性では大陰唇、小陰唇、陰核、膣前庭、肛門の周辺に、2mm~1cmイボが多発しす。この症状は、性器に1mm~3mmのイボができる、尖圭コンジロームと区別がつきにくく、また外陰上皮内腫瘍と尖圭コンジロームを同時に発症する場合があります。

外陰上皮内腫瘍の原因
外陰上皮内腫瘍は女性の性器に発症する病気でガンの一種です。原因はヒトパピローマウイルスに感染していることや高齢であることなどが挙げられますが、必ずしもそれらが原因で発症するわけではありません。症状としては陰唇のかゆみや出血があります。また、しこりや月経ではない出血でも注意が必要です。発症までに時間がかかるため、初期症状が現れないことや別の病気も考えられます。

外陰上皮内腫瘍の検査と診断
外陰上皮内腫瘍の主要な検査方法としては、ドクターの肉眼による検査が多くなります。この外陰上皮内腫瘍の検査では小陰唇、陰核と会陰部に加え、肛門に白斑がみられ、大陰唇に明確な白斑が生じる事が多くなる為に、これらの症状がこの疾患の検査で調べられます。又、身体の組織の一部を採取する生体検査も行われ、この組織が顕微鏡を用いて調べられます。

外陰上皮内腫瘍の治療方法
外陰上皮内腫瘍の治療法は、この病状により異なります。外陰上皮内腫瘍の病変が進行していない場合は切除できることもありますが、これが不可能なケースではレーザーを用いて部分的に細胞を蒸発させる治療法もあり、ステロイド軟膏の塗布なども有効とされています。又、一般的には、2ヶ月程度でこの治療は終了し、治療が成功していれば再発の心配はありません。

外陰上皮内腫瘍の初診に適した診療科目

外陰上皮内腫瘍の専門外来

外陰上皮内腫瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ