肺門型肺がんハイモンガタハイガン

肺門型肺がんはどんな病気?
肺がんの中でも肺の中心である気管支周辺を肺門型肺がん、肺の末梢にある肺がんを肺野型肺がんといいます。肺門型肺がんの場合には喫煙者に多く喘息や咳、痰などが出て全身倦怠感や声がかすれる状態になります。さらに進行すると気管支を閉塞する恐れがあります。手術を行うことで腫瘍を摘出します。さらに肺がんはリンパ節転移する恐れがある為、術後も経過観察が必要となります。


肺門型肺がんの症状
肺門型肺がんは、喫煙者に多く発症しやすいがんで肺門の近くにできるがんです。肺門型肺がんでは、ひどい咳や血痰など風邪に似た初期症状が現れます。それと同時に発熱を起こす場合があり、風邪と勘違いする人が多くいます。肺がんが進行すると、息切れをしやすくなったり声が枯れるなどの症状や食欲不振、激しい倦怠感、体重が減少するなどの症状が現れます。

肺門型肺がんの原因
肺門型肺がんとは杯に関連する不摂生が原因で発生する病気です。たばこの煙を日常的に吸い込んでいる,汚い空気を吸い続けていると,肺門型肺がんのリスクはそうでない人の何倍にも膨れ上がるようになります。空気の問題だけではなく、石綿のような空気に入り込みやすい有害物質などを吸い続けることによっても,肺門型肺がんが発生するリスクは高まります。

肺門型肺がんの検査と診断
肺門型肺がんの検査方法は、基本的にX線によって判断しますが、肺門方は他のがんよりも相当見つけにくい部類ですので見逃すケースも見受けられます。また、肺門方にはそれ特有の体に与える影響があるため、その症状を診た上で判断することで、たとえ最初に気づかなくとも肺門方のところ集中的に見るようになるので、発見する確率を高めることができます。

肺門型肺がんの治療方法
基本的な肺門型肺がんの治療法としては、外科療法、放射線療法、抗がん剤による治療があります。その中でも外科療法は、この肺がんの進行度が早期の場合の切除や、リンパ節に転移している際に用いるものなど、がんの進行度合いで異なります。がんが進行している場合は、リンパ節を切除する手術が必要になるのです。又、この疾患では、放射線を用いて細胞分裂するがん細胞を撃退する放射線治療も用いられています。

肺門型肺がんの初診に適した診療科目

肺門型肺がんの専門外来

肺門型肺がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ