膀胱損傷ボウコウソンショウ

膀胱損傷はどんな病気?
膀胱は恥骨の内部にあるため、本来は外部からの刺激を受けることは少ない臓器です。しかし、膀胱内に尿が充満している状態の時に下腹部に外から強い刺激が加わると、膀胱が破裂して尿が膀胱外に漏れだしてしまいます。これが、膀胱損傷の状態です。原因としては、交通事故での骨盤骨折や、婦人科系手術や直腸手術の際に医療事故として起こることがあります。

膀胱損傷の症状
膀胱損傷における症状は、血尿や排尿困難又は下腹部の激しい疼痛が有ります。損傷が著しい場合は膀胱から尿が漏出してしまう為に尿意をもよおしても排尿する事は出来ません。膀胱の後方は腹膜に接していますが、腹膜に接した部分が損傷を受けた場合は、尿が腹膜内に漏れ出てします為に腹膜炎の症状が現れます。また腹腔内に尿が貯留してしまします。

膀胱損傷の原因
膀胱損傷は交通事故や激しいスポーツ又は外科的手術等の原因によって発症する場合が有ります。通常膀胱は恥骨後面の骨盤腔内に位置している為外部からの圧力を受け難い位置にありますが、尿で充満して膀胱壁が脆弱化している場合に強い外からの力によって損傷する事が有ります。また骨盤の骨折等により破裂する場合も有ります。外科手術では、骨盤腔内の癌治療等で癒着が認められる場合に損傷し易くなります。

膀胱損傷の検査と診断
膀胱損傷のおもな検査方法は患者への問診、医師の目視による診察、必要であれば幹部のレントゲン検査などがあります。膀胱損傷の場合、患者はなんらかの痛みを訴えているケースが多くそこから損傷が発覚する場合があります。医師の目視による診察でもはっきりとわからない場合はレントゲン撮影などを行いより正確に幹部の状態を把握することになります。

膀胱損傷の治療方法
膀胱損傷の治療法は、手術や抗菌薬など用いて対応することが多いです。緊急的、突発的なケースにおいては身体へのショック状態の対応、止血などを先に行ったほうが良い傾向にあります。損傷具合によって対応は違いますが、基本的に閉鎖することで対応します。損傷が重度になればなるほど、外科的治療法が必要となっていきます。抗菌薬は細菌感染予防に使用します。

膀胱損傷の初診に適した診療科目

膀胱損傷に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ