ストレス性無月経ストレスセイムゲッケイ

ストレス性無月経はどんな病気?
ストレス性無月経とは、強い精神的ストレスなどによって視床下部の働きに乱れが生じ、月経がなくなることをいいます。無月経の状態が長く続くと子宮の内膜に悪影響が出るおそれがあるため、専門医の診察を受け、必要に応じて適切な治療をします。治療法としては、足りないホルモンを補うホルモン療法や、視床下部にアプローチして排卵を促すクロミフェン療法などがあります。


ストレス性無月経の症状
ストレス性無月経とは、その名の通り、肉体的または精神的な非常に強いストレスを脳が感じることにより、視床下部がダメージを受け、女性ホルモンの正常な働きが妨げられ、毎月の月経が無くなってしまうという症状が出てくることです。ホルモンバランスが乱れてしまっている状態ですので、そのままにしておくと不妊の症状も現れる場合もあります。

ストレス性無月経の原因
妊娠や授乳等の生理的な原因によって月経が止まってしまう生理的無月経に対して、何らかの原因によって脳の視床下部や下垂体又は卵巣の動きが阻害される状態に陥る場合が有ります。原因の一つとして受験や就職又は失恋や引っ越し等の生活環境が著しく変化する事に精神的に適応できないで強いストレスを感じてしまうことによってストレス性無月経となります。

ストレス性無月経の検査と診断
成人した女性は閉経するまで毎月月経がやってきます。それは身体的に普通であって妊娠していなければ続くものですが無月経は何らかの問題があります。いくつか理由は考えられますがストレス性無月経の検査方法は排卵周期をチェックし、毎朝基礎体温を計ることから始めます。体の中のリズムを調べ、普段の生活スタイルと合わせて検査します。気長に構えて調べます。

ストレス性無月経の治療方法
ストレス性無月経の治療法は、精神療法、生活改善などがあります。確実に治療可能な方法は確立されていませんが、治療薬を用いなくても改善に向かうケースは多いです。規則正しい生活を心がけるように注意をし、その上で、食生活を適度なものにするように気をつけて行動すると、ストレス性無月経は回復に向かいやすい傾向にあります。ケースによってはカウンセリングを受けた方が良いです。

ストレス性無月経の初診に適した診療科目

ストレス性無月経の専門外来

ストレス性無月経に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ