呼吸筋訓練コキュウキンクンレン

呼吸筋訓練はどんな病気?
開腹手術を行う際は、術前の看護として、呼吸筋訓練を行います。これは、術後の創部痛などによる呼吸運動能力の低下への対策の一つです。横隔膜の活動領域を広げるために腹式呼吸と胸式呼吸による深呼吸法、胸郭の膨らみを拡大するために、ピローという道具を用いた呼吸訓練もあります。術前に呼吸法を獲得しておくことで、術後の呼吸器合併症である無気肺などを予防することができます。


呼吸筋訓練の症状
排痰や、呼吸困難感などといった症状の改善に役立つのが、呼吸筋訓練器です。これらの医療器具は、今やインターネット上でも購入可能で、比較的気軽に個人が購入することができます。購入の際、説明書などのマニュアルも付属してありますが、使用の前には、病院で医師とよく相談した上で、自宅での適切な訓練方法の指示を仰ぐのが良いでしょう。

呼吸筋訓練の原因
呼吸筋訓練とは腹式呼吸法と呼ばれ、横隔膜を使って十分に息を吸ったあとに、ゆっくりと息を吐き出す呼吸法の訓練のことです。この訓練を行う原因として呼吸不全を持つ患者や、それに近い人が行うことで、予防にも繋がります。酸素消費を減らし、効率よく呼吸を行うことができるので、呼吸法のリハビリテーションの中でも、最も効果的とされている訓練の一つです。

呼吸筋訓練の検査と診断
呼吸練習ができるかどうかの検査方法として、呼吸筋訓練があります。例えば、呼吸不全を持つ方が呼吸練習をして呼吸のリハビリテーションを行ったりしますが、それを行うにも呼吸筋訓練をして、呼吸筋、特に横隔膜の強さや耐久性などを強化することが必要になります。なお、呼吸筋訓練における負荷量は、医師がそれぞれのレベルに合わせて決定します。

呼吸筋訓練の治療方法
呼吸器疾患の患者さんの治療法として呼吸筋訓練が挙げられます。呼吸する際に働く横隔膜に負荷をかけ呼吸をし、呼吸筋の筋力と耐久力を鍛えます。体表的な器具にスレショールド訓練器があります。これは、スプリングによって吸気孔の弁に負荷をかけ吸気の際に使う筋力を鍛えます。一日2回15分間、継続可能な最大の負荷をかけて訓練を行います。

呼吸筋訓練の初診に適した診療科目

呼吸筋訓練の専門外来

呼吸筋訓練に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ