ミベリ被角血管腫ミベリヒカクケッカンシュ

ミベリ被角血管腫はどんな病気?
被角血管腫とは、表面に過剰な角化を伴う血管拡張性の血管腫です。生まれつき存在するものもあれば、突然生ずるものまで様々な被角血管腫が存在します。そのなかでもミベリ被角血管腫は凍瘡の経験のある、小児や思春期の若者の手足に発症する事が多いです。ダイモスコープを用いると、患部の中の球状に拡大した血管が確認でき、患部が破裂した場合は出血を伴います。


ミベリ被角血管腫の症状
ミベリ被角血管腫では、小児期や思春期において手足に角化のある血管腫が現れます。ダーモスコープを用いると、この血管腫のある部分には球状に血管が拡張しているのが確認できます。またその血管が破裂すると、出血の症状も見られることがあります。以前にしもやけ既往歴のある人に発症しやすいという傾向があり、丘疹はいぼ状に近いのが症状の特徴です。

ミベリ被角血管腫の原因
ミベリ被角血管腫は血管腫の一種で表面に角化が起こります。原因は染色体の異常ではないかという説が有力ですが、すべてが解明されているわけではありません。棟瘡にかかった人がなりやすく、症状は赤く疣のような疹ができます。診断方法としてはダーモスコープを用い、球状に拡張した血管を確認します。治療法は確立されていませんがレーザー除去をする場合があります。

ミベリ被角血管腫の検査と診断
ミベリ被角血管腫の検査方法は、基本的に皮膚科医に診断してもらうのが普通です。見た目でも見てわかるような病気ですので、斑点が出てきたら見てもらうとよいです。しかし、診断してもらっても身体的障害を患ったりするわけでもないので、問題ないと判断されますが美的な見方をする時にはかなり気になってしまわれると思います。そのため、レーザー治療などで取り除くことなどが推奨されます。

ミベリ被角血管腫の治療方法
ミベリ被角血管腫の治療法は複数のものがあります。この疾患には薬物療法が用いられており、消化器系や神経系の症状に対して、適切な薬物が投与されます。又、この疾患が進行して腎不全を患っているようなケースでは、腎移植も必要になる事があり、血液透析を行う事があります。更に、酵素補充を行う治療法もあり、酵素を点滴で補いこの疾患の進行をおさえることができます。

ミベリ被角血管腫の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

ミベリ被角血管腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ