慢性胎児ジストレスマンセイタイジジストレス

慢性胎児ジストレスはどんな病気?
慢性胎児ジストレスは妊娠中の胎児が母体/胎盤/胎児の原因で呼吸機能や循環機能が著しく低下した状態です。症状は、胎児心拍低下/頭位であるのに羊水混濁/胎動が激しくなることです。胎児は低酸素状態でこの状態が長引くと死亡するので早急に検査します。分娩監視装置を一定時間つけ胎児の心拍数をチェックし、異常があれば母体への酸素投与/子宮収縮抑制剤投与による胎児への血流増加を試み改善しなければ分娩処置をします。


慢性胎児ジストレスの症状
胎児ジストレスとは、胎児が子宮内に於いて呼吸機能及び循環機能が障害された状態で、妊娠中又は分娩中のいずれの場合でも発症します。胎児ジストレスは急性胎児ジストレスと慢性胎児ジストレスに分類されます。慢性胎児ジストレスは妊娠中の胎盤機能の低下や慢性的な子宮循環不全によって発症します。症状として心拍の異常、羊水混濁、産瘤の増大、激しい胎動等が有ります。

慢性胎児ジストレスの原因
慢性胎児ジストレスは胎児が低酸素などで苦しくなった状態で、原因は母体、胎児、子宮、臍帯、胎盤による場合があります。母体の心疾患や呼吸器疾患、低血圧症候群により酸素の供給が低下したり、先天的な胎児の心疾患などがあります。さらに臍帯の過度な捻じれや巻きつき、羊水過少などの胎児環境の悪化も影響します。また、分娩時の子宮破裂も原因の一つです。

慢性胎児ジストレスの検査と診断
慢性胎児ジストレスの検査方法は、次の2つに分けられます。1つは、妊娠中の慢性胎児ジストレスの診断で、ノンストレステストや超音波ドプラー大事血流計測、バイオフィジカル・プロフィール・スコアリングや、胎児血採血などの検査です。もう1つは、分娩時の慢性胎児ジストレスの診断で、退治の心拍数図(CTG)によって評価されるものです。

慢性胎児ジストレスの治療方法
慢性胎児ジストレスの治療法は、分娩開始前だと、胎児の悪化の原因が予測される場合は、それぞれの疾患を取り除きますが、それでもその症状が重かったり、深刻な場合は急速な分娩が必要で、帝王切開術となります。分娩開始後の場合は、母体絵の酸素投与、母体の体位変換をします。破水に伴って羊水が減少した場合は羊水注入をすることがあります。

慢性胎児ジストレスの初診に適した診療科目

慢性胎児ジストレスの専門外来

慢性胎児ジストレスに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ