RSウイルス感染症アールエスウイルスカンセンショウ

RSウイルス感染症はどんな病気?
RSウイルス感染症とは乳児が2歳までに100%感染し、その後も一生再感染を繰り返す、代表的な呼吸器感染症です。症状は潜伏期間が4~5日間で、咳・鼻水・たん・発熱などが出始めます。3割程度が炎症が下気道までおりてきて気管支炎などを発症します。1~3%程度が重症化し、入院が必要になります。早めに対策をし、重症化しないよう気を付けましょう。


RSウイルス感染症の症状
RSウイルス感染症は、3、4日程度の潜伏期間を経て、ひどい咳やむせるような咳、水のような鼻水、鼻づまり、発熱などの症状があらわれます。その後3割程度の人が、気管支炎や細気管支炎を発症、咳の増強、呼気性の喘鳴などがあらわれることがあります。1歳くらいまでの小さな子ども、特に心臓に疾患を持っていると重症化しやすくなります。

RSウイルス感染症の原因
RSウイルスの感染によってrsウイルス感染症が引き起こされます。原因として空気中のウイルスを吸い込んでしまった場合と飛抹感染とウイルスが付着した手や物に接触した場合の接触感染があります。感染した人のウイルスはくしゃみや咳によって拡散されます。接触感染では鼻水や痰を手で触れることによって触れることによって、手や物に付着します。それらのウイルスを取り込んでしまうことによって感染します。

RSウイルス感染症の検査と診断
RSウイルス感染症とはRSウイルスによって引き起こされる小児が細気管支炎の喘息を起すウイルスのことをいいます。このウイルスの検査方法はインフルエンザなどと同様に鼻水を採取する検査セットを用いて鼻水を採取して検体を検査見回し憂ウイルスを同定する方法を取っています。この方法でほぼ100パーセントウイルスが特定することができます。

RSウイルス感染症の治療方法
RSウイルス感染症には、現在特効薬がないため、対処療法になります。主な治療法として、発熱に対しては冷却とアセトアミノフェンなどの解熱剤、咳に対しては気管支を広げる薬や痰を切りやすくする薬、炎症を抑えるためにステロイドが用いられます。また、重症化して呼吸状態が悪くなった場合には、人工呼吸器をつけて呼吸を助けてあげる必要があります。

RSウイルス感染症の初診に適した診療科目

RSウイルス感染症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ