線状iga水疱性皮膚症センジョアイジーエースイホウセイヒフショウ

線状iga水疱性皮膚症はどんな病気?
線状iga水疱性皮膚症とは、全身にかゆみを伴う紅斑が現れ、その周辺に水疱が環状にできるものです。この病気は小児から成人までかかる恐れがあります。検査法は皮膚の細胞を調べ真皮乳頭部に好中球性の小さな膿瘍が確認でき、蛍光抗体法や血液検査等でわかります。治療法としては、主にDDSの内服ありますが、副腎皮質ホルモンを少量内服して治療する場合もあります。


線状iga水疱性皮膚症の症状
線状iga水疱性皮膚症の特徴的な症状は、全身にあらわれる痒みが極めて強い紅斑です。慢性的に再発を繰り返します。その紅斑の周辺に小水疱が環状に発生します。皮膚の真皮乳頭部に免疫グロブリンAが沈着するので、多くの場合セリアック病やグルテン過敏性腸炎を発症します。グルテンを摂取すると小腸の上皮組織に炎症を起こし機能不全となります。

線状iga水疱性皮膚症の原因
この病気は、子供から大人まで年齢に関係なく発症する病気です。発症の原因としては、血液中の細胞に悪性のウイルスが入り込むことにより起こります。線状iga水疱性皮膚症はを予防する事は難しく、発症が確認されたらただちに、治療を行う事です。また、人の血液に直接触れたり、傷口に汚物が触れなくするようにすることが大切になってきます。

線状iga水疱性皮膚症の検査と診断
線状iga水疱性皮膚症の検査方法は、皮膚細胞の組織検査や蛍光抗体法による検査を行います。皮膚細胞を採取して検査すると、好中球性による腫瘍の存在が確認できます。また、蛍光抗体法による検査を行うことによって、皮膚細胞の基底膜部に免疫グロブリンAの沈着を検出したり、あるいは血液の中に基底膜部抗体が含まれている事が分かります。

線状iga水疱性皮膚症の治療方法
線状iga水疱性皮膚症の治療法として、ジアフェニルスルホンの内服が挙げられますが、効果はあまり見られない場合があります。そのため、併せて副腎皮質ホルモン(ステロイド)の内服をする場合があります。遺伝子治療はまだ行われていないので、根本的な治療ではなく、症状が出てからの対処療法が主となっています。最重症の症状に関しては、皮膚移植をする場合もあります。

線状iga水疱性皮膚症の初診に適した診療科目

線状iga水疱性皮膚症の専門外来

線状iga水疱性皮膚症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ