子宮頸管ポリープシキュウケイカンポリープ

子宮頸管ポリープはどんな病気?
子宮頸管ポリープとは子宮頸管粘膜の増殖性病変をいいます。深紅色のポリープが外子宮口から露出していきます。単発での発生がほとんどで、30代から40代の経産婦に多く見られます。原因は未だ解明されていませんが、考えられるものとして子宮頸管の慢性炎症が挙げられます。がんなどに進行することはほとんどなく、無症状の場合が多いのですが、まれに少量の不正出血やおりものの増加などが見られるケースがあります。


子宮頸管ポリープの症状
子宮頸管ポリープは、子宮がん検診や妊婦検診など他の件で産婦人科を受診した際に偶然に見つかることが多いです。自覚症状としては、患部が大きくなってくると不正出血がある場合もありますが、全くないことも多く、診察した医師によって初めて気づく患者さんが多いです。簡単に切除でき、悪性化することはまれですが、状態によっては何度も繰り返しできてしまうこともあります。

子宮頸管ポリープの原因
子宮頸管ポリープの原因は、子宮と膣の間にある頸管に、粘膜が異常に増え続けることでポリープが発生することからです。ポリープはキノコ状になっています。同じものが子宮内膜にできると、子宮内膜ポリープと呼ばれます。ポリープができるはっきりした理由はわかっていませんが、たくさん子ども生んだ女性に多くみられます。また、女性ホルモン、細菌感染などの影響も考えられています。

子宮頸管ポリープの検査と診断
子宮頸管ポリープの検査方法とは、まずそのポリープを切除する必要があります。小さな場合は、麻酔をする事もなく、膣の中を広げて、専用の医療器具でポリープを挟み直ぐに切除する事が出来ます。しかしそのポリープが良性なのか、悪性なのかの検査が必要になります。ポリープの組織を顕微鏡で検査する必要があるのです。まず痛みは無いです。しかし切除した傷からわずかな出血を伴います。

子宮頸管ポリープの治療方法
子宮頸管ポリープの治療法は、膣の内部を広げて専用のハサミのようなものでポリープを切除します。ポリープの大きさの度合いにもよりますが、小さなポリープの場合は痛みは殆ど感じないので一般的に麻酔は使用されないです。切除した患部からは少しの出血があるので止血剤を飲む事もあります。その日の入浴は感染を防ぐ為に浴槽に浸からず、シャワーのみで済ませます。

子宮頸管ポリープの初診に適した診療科目

子宮頸管ポリープの専門外来

子宮頸管ポリープに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ