肛門陰窩コウモンインカ

肛門陰窩はどんな病気?
肛門陰窩とは、肛門管の内面で直腸粘膜と肛門粘膜の境界の全周にわたり、歯状線が凹凸しており、その凹の部分の小さな窪みの部分をいいます。この部分に、汚物等が詰まると炎症が起き、肛門小窩炎などの病気になる可能性があります。肛門小窩炎は肛門部に重苦しい疼痛等の症状が出たり、この部分付近の感染により肛門周囲膿瘍や痔ろうになる原因になります。

肛門陰窩の症状
肛門陰窩の症状とは、肛門の中のくぼみとなっている部分に痛みが生じるというもので、基本的に痔などと違って、排便などをしなくても痛むという特徴があります。ただ椅子などに座っているというだけでも重苦しい痛みがでてしまうのです。肛門科の医者が肛門に指を突っ込まれたときには、肛門と直腸の間にある凸凹の凹みの部分を刺激されると、強烈な痛みを感じます。

肛門陰窩の原因
肛門陰窩という1mmほどのくぼみが肛門にはありますが、この部分の炎症を原因とし、痔ろうなどの病気を引き起こします。排泄物や汗などの代謝により汚れやすい肛門周りの病気は、雑菌により引き起こされることがほとんどのため、常に清潔に保つことが大切です。炎症程度であればまだ治りが早いものの、痔ろうは手術が必要になることもあります。

肛門陰窩の検査と診断
肛門陰窩の検査方法は、問診をしてから、患部を確認します。患部は、便や異物によりおこる感染症のような症状なので、炎症を起こしている場合もあります。また、患部は皮膚内にあるため、肉眼で確認ができないため、MRI等を使い、内部がどうなっているかの確認検査をおこないます。酷い場合には、手術等になる場合のあるとても怖い病気のひとつです。

肛門陰窩の治療方法
肛門陰窩の治療法は、まずは患部の炎症を抑えるように、軟膏塗ったり座薬を使用したり、薬によって行います。それでも効果が出ない場合は、病院で炎症が起こっている患部に痔核(俗に言うイボ痔)を硬化させるための薬と、フェノールアーモンド油を駐車して様子を見ます。さらに、その処置でも効果が無い場合にのみ、切開手術の方法をとります。

肛門陰窩の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

肛門陰窩に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ