会陰部の痛みカイインブノイタミ

会陰部の痛みはどんな病気?
会陰部の痛みの症状がみられる場合は慢性前立腺炎の可能性があります。 慢性前立腺炎とは、前立腺が炎症を起こし慢性化すると排尿痛や腰痛を引き起こし日常生活に大きな影響が出ます。また残尿感や頻尿、血尿、高熱や食欲不振などの症状もあらわれます。尿検査をし原因となる細菌を調べます。検出された細菌に有効な抗生剤を使って治療をします。

会陰部の痛みの症状
会陰部の痛みの(股と肛門の間)症状は、男性ですと慢性前立腺炎の可能性があります。慢性前立腺炎は、残尿感・睾丸の痛み・頻尿の場合も注意が必要です。女性の場合は、会陰を切開して出産した際に痛烈な痛みを感じる事があります。前立腺を扱ったサイトではセルフチェックを行う事が出来ますので、気になる事があったらチェックしてみましょう。

会陰部の痛みの原因
会陰部の痛みの原因には、いろいろありますが、慢性前立腺炎を発症しているケースが多くみられます。前立腺炎には細菌性のものと炎症性のものがありますが、どちらの場合も会陰部に痛みが発生します。慢性前立腺炎は、ストレスによって発症することが多く、特に働き盛りの30代から50代までの男性に多く発症します。長時間のデスクワークや長時間の車の運転によっても発症する場合があります。

会陰部の痛みの検査と診断
会陰部の痛みの検査方法とは、女性は産後に会陰を切開する事で痛みが続く場合がありますから、患部に加納や異常は無いのかを目でみて調べます。しかし男性の場合の会陰の痛みは前立腺の異常も疑われます。まずどのような時にどのような痛みを伴うのかを詳しく問診して、内部を写し出して詳しくみる必要があります。そこで異常があれば詳しい病名が決定します。

会陰部の痛みの治療方法
男性の会陰部の痛みは、多くの場合慢性前立腺炎か直腸がんであることが考えられるのです。そのためこの治療法としては慢性前立腺炎の場合でも直腸がんでも外科的手術を行い疾患部位を接受する必要があるのです。多くの場合、会陰部に違和感があっても治療もせずにいることが多いので発見される場合はかなり大腸がんなり前立腺炎は進行してしまっています。

会陰部の痛みの初診に適した診療科目

会陰部の痛みの専門外来

会陰部の痛みに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ