反復性脱臼ハンプクセイダッキュウ

反復性脱臼はどんな病気?
反復性脱臼とは、特定の部位の脱臼が繰り返されることによって、その部位が脱臼しやすくなることを意味しています。習慣性脱臼と呼ぶこともできます。一番多いケースが、肩関節で発生する反復性の脱臼です。強いコンタクトが繰り返されるスポーツや、格闘技などで多く発生します。これを予防するためには、関節を保護する役割がある筋肉を強化する必要があります。


反復性脱臼の症状
激しい運動や転倒による衝撃・外傷が原因で間接に負担がかかると脱臼をすることがあります。反復性脱臼はこの脱臼が原因となり、治った以降も軽い衝撃などによって脱臼を起こしてしまう事を指します。関節の可動範囲が大きいため脱臼を起こしやすい肩に起こりやすい症状です。脱臼を起こした際には、脱臼を起こした関節を含む四肢が動かせなくなったり、激しい痛みを伴うことがあります。

反復性脱臼の原因
反復性脱臼は初回の脱臼が十代であった場合に移行しやすくなります。肩などの関節では骨と骨の間の接触面が小さく、関節包や関節唇という軟部組織に支えられています。脱臼すると、この軟部組織が引き剥がされてしまい、安静にしていたとしても以前のようにはうまく治ってくれません。これが脱臼に反復性が伴う大きな原因です。酷くなると寝返りのような日常生活のちょっとした動作でも脱臼になってしまうことがあります。

反復性脱臼の検査と診断
反復性脱臼とは、外傷により一度でも脱臼を起こすと、再度軽い力が加わっただけで脱臼することがあります。この病気の検査方法は、X線検査により異なる二方向からの状態を見比べて判断します。必要に応じてCT検査やMRI検査を行います。腕の固定された位置と上腕骨頭を触診することで判断できます。投球動作時のコッキング肢位から肩を回す動作をする際、不安を訴えるようであればこの病気に罹っています。

反復性脱臼の治療方法
反復性脱臼とは、スポーツなどで激しい衝撃を肩に受けることで脱臼してしまう症状のことをいいます。特に若い世代ですと一度脱臼すると何度も脱臼することがおおいので反復性と名が付けられているのです。この治療法としては、外科的手術を受けることが一番効果があるとされています。手術といっても内視鏡を使い行なうものなので大きな傷がつくことが無いのです。

反復性脱臼の初診に適した診療科目

反復性脱臼の専門外来

反復性脱臼に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ