妊娠性皮膚掻痒症ニンシンセイヒフソウヨウショウ

妊娠性皮膚掻痒症はどんな病気?
妊娠性皮膚掻痒症とな妊娠中に現れる症状です。これはホルモンバランスの影響が関係しており、妊娠中によく現れる症状です。まず体が無償に痒くなります。掻きむしる事で皮膚に傷がついてしまう程です。腕や背中体の様々な場所に痒みが現れます。しかしこの症状は妊娠中皆がなるのではなく、なる方とならない方に分かれます。これは皮膚による異常ではないので次第におさまります。


妊娠性皮膚掻痒症の症状
妊娠中のホルモンの影響で、妊婦の多くは肌が敏感になり、トラブルを起こしやすくなります。皮膚が乾燥してカサカサしたり、粉をふいたりします。乾燥が進むとかゆみを伴ってきます。発疹はなく、ムズムズ、チクチクとしたかゆみを感じ、からだ全体がかゆくなる症状が、妊娠性皮膚掻痒症です。眠れないほどかゆかったり、紫外線を浴びたり、入浴をすることでかゆさが増します。

妊娠性皮膚掻痒症の原因
妊娠性皮膚掻痒症は、妊娠中に生じる異常代謝産物によって引き起こされる中毒症と、自家中毒が原因といわれています。一度目の妊娠の際に、流産や子宮疾患、感染症などに罹ったことで、二度目の妊娠時にそれが要因となって症状が現れるといわれていますが、はっきりとしたことはまだわかっていません。女性ホルモンのエストロゲンが妊娠中に増殖することも関係あるといわれています。

妊娠性皮膚掻痒症の検査と診断
妊娠性皮膚掻痒症の検査方法とは、特別な検査は行われていないです。これは妊娠中に起こる症状の一つであり、人により訴える方は沢山います。まず医師は患部を目で見て、特に異常がなければ妊娠中によるホルモンバランスによる痒みだと診断します。感染症やアレルギー等による痒みの場合は患部にも異常な炎症が引き起こされますから、直ぐに異常に気づきます。

妊娠性皮膚掻痒症の治療方法
妊娠性皮膚掻痒症の主な治療法は、薬剤を患部に塗布するという方法です。塗布するものは複数の種類があり、最も多いのは抗ヒスタミン剤が入った軟膏やステロイドの含まれる軟膏を塗布する治療の方法です。また、保湿クリームを塗布して治療を進めていく場合もあり、患部の状況や患者の希望に応じて塗布するものが異なってきます。また、アレルギーに対応する内服薬での治療の方法も存在します。

妊娠性皮膚掻痒症の初診に適した診療科目

妊娠性皮膚掻痒症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

妊娠性皮膚掻痒症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ