夏季熱カキネツ

夏季熱はどんな病気?
夏季熱とは主に乳幼児などがかかる病気で、夏の暑い時期などに原因不明の、だいたい37度台の熱が続く症状のことをいいます。ウィルス感染ではなく、咳や鼻水といった通常の風邪の症状は出ないので検査をしても原因が分からないとされることが多いのですが、一般的には外の気温に身体の体温調節がうまくできないために発熱してしまうといわれています。


夏季熱の症状
乳幼児がかかることがある夏季熱の症状としては、咳や鼻水などはないにもかかわらず37度台の熱が何日か続くということが挙げられます。病院に行っても原因が分からないとされることが多く、その乳幼児も食欲がなくなったり、いつもよりもよく泣いたり、機嫌が悪かったりといった状態ではありますが、特別何か辛そうといった状態ではないことがほとんどです。

夏季熱の原因
夏季熱は体温の調節機能がまだ充分に発達していないことで発症します。そのため生後1年以内の赤ちゃんによく見られ、高温で湿度も高い場所にいると38度以上の発熱がありますが涼しい部屋に移るだけで平熱に戻るのです。汗のかき方が少ないのもこの病気の発熱に影響しています。体温調節がうまくできるようになると病気の原因がなくなりますので見られなくなります。

夏季熱の検査と診断
夏季熱の検査方法については、尿検査を行い、尿の濁りを見ます。調乳の濃さを調べて、指示どおりのミルクか、確認をします。しかし、それ以上の検査は行われません。精密検査を行っても、特別の原因が見つからないからです。この熱は、涼しくなると自然に下がるのが特徴のため、部屋を涼しくして、赤ちゃんに、充分な水分を取ると良くなります。

夏季熱の治療方法
夏季熱のうちプール熱の治療法については、発症原因であるアデノウイルスに対する特効薬はないため、安静と十分に睡眠を取ることによって体内の免疫力を高める方法が取られます。脱水症状を防ぐために、水分補給も行います。高熱の症状がある場合には解熱剤を投与し、喉の痛みには鎮痛薬を用います。眼球結膜充血がある場合には、ステロイドや抗生剤を点眼します。

夏季熱の初診に適した診療科目

夏季熱に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ