無排卵周期症ムハイランシュウキ

無排卵周期症はどんな病気?
無排卵周期症とは、月経はあるのに排卵を伴わない病態をいいます。月経周期は不順であることが多く、月経持続期間も短かったり長かったりします。通常、基礎体温は高温と低温の2相性ですが、この場合は1相性で排卵はなく妊娠する可能性はありません。またこのまま放置をしておくと卵巣機能が低下し、無月経になることもあり、再び排卵を促すことは難しくなります。


無排卵周期症の症状
1ヶ月に何度も生理が来たり、逆に生理と生理の期間がとても長い人は、無排卵周期症の可能性がとても高いと言えます。もしこの病気になっていれば、生理がきても排卵が無いという状態になりますが自覚症状はありません。この状態を放置しておくと非常に危険で、卵巣の機能が低下し、生理がこなくなってしまいます。そしてその後、排卵することが難しくなります。

無排卵周期症の原因
無排卵周期症は、無理なダイエット・強烈なストレス・激しい運動が原因となって引き起こされることが多いとされています。また、この病気は睡眠時間がいつも違っていたり、食事が一日一回というように食生活が不規則であるといった人にも起こりやすいといわれています。視床下部や卵巣から分泌されるエストロゲンといったホルモンの数値が高すぎたり、低すぎたりした場合にもこの病気は引き起こされます。

無排卵周期症の検査と診断
無排卵周期症の検査方法としては、主にホルモンの値の測定をする検査の方法が挙げられています。複数のホルモンの値を調べていくことで、この症状が引き起こされる原因がその病気なのかどうかを判断していきます。女性ホルモンのバランスが正常な状態であるかどうかもこの検査で確認できるため、症状とこの病気との関連性が容易に判別できます。

無排卵周期症の治療方法
無排卵周期症の治療法として挙げられているのが排卵誘発剤の投与てす。この排卵誘発剤を投与することにより、性腺刺激ホルモンを増加させることで排卵を促すことを目指します。排卵誘発剤を投与することで症状が改善される可能性は高く、短い期間で治療をすることが可能である場合がほとんどです。また、治療後の生理も周期的に来るようになることが大半です。

無排卵周期症の初診に適した診療科目

無排卵周期症の専門外来

無排卵周期症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ