慢性肝不全マンセイカンフゼン

慢性肝不全はどんな病気?
慢性肝不全は、何かしらの原因で肝細胞の機能が低下し、肝臓の機能が維持出来なくなるために、意識障害や、黄疸、腹水、消化管出血、出血傾向、腎不全などの様々な症状をきたした状態の事をいいます。そして肝硬変又は肝がんの末期症状として除々に進行してくるものが慢性となります。他には急性の肺不全もあり、こちらは急激な肝細胞の壊死が起こり、発症後は八週以内に脳症や黄疸、腹水、腎不全などを呈します。


慢性肝不全の症状
慢性肝不全の症状としては、主に腹水や浮腫、消化管出血、黄疸肝性脳症が挙げられます。さらに高ナトリウム血症や低カリウム血症、胃・十二指腸潰瘍、耐糖能の低下による糖尿病を合併する事もあります。その他では、疲労感、全身倦怠感、食欲不振、吐き気、腹部膨満感、眼精疲労、皮膚のかゆみ、肝腫、脾腫、クモ状血管腫、腹壁静脈怒張、手のひらの紅斑、女性化乳房、皮膚色素沈着などがあります。

慢性肝不全の原因
慢性肝不全とは肝細胞が低下し、肝機能が維持できなくなりさまざまな症状を起きた時の症状の事。肝硬変が進行したりすると症状が起きます。腹水やむくみ、消化管出血、黄疸などといった症状が出ると言われていおります。原因としては肝臓の表面が岩みたいにゴツゴツしたように見え固くなる。肝硬変が進行して肝臓がんなども出てくると言われています。

慢性肝不全の検査と診断
慢性肝不全(まんせいかんふぜん)についてです。肝不全とは肝臓の機能が大きく低下した状態と言われています。その疾病は肝臓を損傷するであろう物質や疾患によって引き起こされています。検査方法ですが肝臓の機能を評価すべく「血液検査」が行われます。検査対象となる患者にはたいてい障害がみられ、多くの場合それは重度であると言えます。

慢性肝不全の治療方法
肝臓移植を受けると、重症の慢性肝不全を完治させることが出来ます。肝臓移植を受けることが出来ない場合は、肝臓を摘出する手術を受けた後に放射線治療を施す必要があります。肝臓を摘出することで、肝機能障害の症状の悪化を完全に食い止める事が出来ます。黄疸の症状がある時は、ステロイドを含んだ目薬を使った治療法で黄疸の症状を緩和させる事が可能です。

慢性肝不全の初診に適した診療科目

慢性肝不全の専門外来

慢性肝不全に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ