点状出血斑テンジョウシケツハン

点状出血斑はどんな病気?
点状出血斑になると、肌に点状の赤い斑点が発生する症状があらわれます。症状が進行していくにつれて、斑点ができている患部に痛みや痒みを感じるようになります。悪化すると、運動をしている時や入浴をしている時に強烈な痒みを感じる症状が出ます。下半身がむくんだり、発熱を起こす場合があるので皮膚科に通って医師の診察を受けることが大事です。


点状出血斑の症状
点状出血斑の典型的な症状としては、点状の出血のに加えて、青あざや紫斑などの粘膜の出血などがあります。この病気では関節での出血は無い事が多くなります。この疾患には、急性と慢性があり、急性の場合は病状も軽いことが多く、診断から半年以内に治癒し、小児に多いという特徴があります。又、成人に多い慢性型のものは、このような点状の出血が長期に渡ることが多いという特徴があります。

点状出血斑の原因
点状出血斑の発症する原因についてですが、毛細血管の破綻により生じる、身体上の赤色や紫色の点状のものです。点状出血は一般的には、身体外傷の結果、顔面の点状出血として現れます。特に眼の周囲に出現する事が多く、この場合の点状出血は通常は無害であり、数日で消失します。しかし、血液の病気の重要な症状である場合もあります。血小板の減少や血小板機能の異常、血液中の凝固因子の異常、血管壁の異常による出血です。

点状出血斑の検査と診断
点状出血斑とは、体表や口内などの粘膜に現れる内出血のことを言います。そのため、検査方法は医者による診察ですぐにわかります。ただし、この症状自体が病気なわけではなく、何かしらの病院に起因した症状なので、要因を調べるためには発生した部位などに応じた診療科目を受ける必要があります。主な要因は、ウイルスや外的要因が挙げられますが、一概には言えないため不安であれば早めの診察をおすすめします。

点状出血斑の治療方法
点状出血斑はステロイド剤が配合されている軟膏を使い続けることで治すことが出来ます。軟膏を使うと患部の出血の症状が緩和することが出来るだけでなく、発疹や腫れを効果的に抑制する事が出来ます。肌に痒みがある場合は、抗生物質の投与を受けると強い痒みを止める事が可能です。抗アレルギー剤を服用治療法なら、アレルギー性の出血斑を治すことが出来ます。

点状出血斑の初診に適した診療科目

点状出血斑の専門外来

点状出血斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ