切迫子宮破裂セッパクシキュウハレツ

切迫子宮破裂はどんな病気?
出産の際に子宮に傷が付いて、子宮が破裂寸前の状態になっていることを切迫子宮破裂といいます。子宮に大きな傷が付いているので強い痛みがあります。陣痛を弱めるために鎮痛剤の投与を受けたり、麻酔を施してもら事で子宮の痛みを緩和させる事が出来ます。子宮へのダメージを減らすために帝王切開を受けることで、子宮を破裂させることなく出産することが出来ます。


切迫子宮破裂の症状
切迫子宮破裂は外出血と腹腔内出血が起こります。出血の量が大量のため、非常に迅速な対応と処置をしなければなりません。症状としては、出血のため顔面は蒼白になり、血圧の低下によるチアノーゼや、胎児の心拍の異常がみられます。また継続的に子宮周辺の下腹部に疝痛が走ります。兆候としては過強陣痛発作や分娩の進行停止、収縮輪の上昇が見受けられます。これらの兆候もなく、突然引き起こす場合も少なくありません。

切迫子宮破裂の原因
切迫子宮破裂とはもう少しで子宮が破裂しそうでとても危険な状態である、ということを表しています。原因は多胎妊娠などで子宮が想像以上に大きくなって皮が薄くなっていることから起こったり、帝王切開経験のある妊婦の時です。帝王切開で出来た傷口のところはどうしても他の箇所より薄くなっているので次の妊娠で伸びることが危険だからです。

切迫子宮破裂の検査と診断
切迫子宮破裂の疑いを調べる検査方法としては、超音波検査で子宮壁の厚さを念入りにみること、また出産後、子宮に手を突っ込んで傷跡を確認することが挙げられます。超音波検査は、まだ赤ちゃんがお腹の中にいる時に行うことが多く、検査前はおしっこを溜めておくように指示が出されます。しかし、子宮壁の厚さは陣痛が起こっている時になるので、子宮壁の厚さがある程度あったとしても絶対安心とは言い切れません。

切迫子宮破裂の治療方法
切迫子宮破裂とは、妊娠末期に子宮が破裂してしまう症状のことで胎児だけでなく、母体も死に至ることがある大変恐ろしい症状のことをいいます。この症状においては、至急の破裂によって腹腔内出血や外的出血がおき母体が死に至る危険があるので、治療法としては至急帝王切開によって胎児を取り出し、破裂した子宮を縫合し止血する必要があるのです。

切迫子宮破裂の初診に適した診療科目

切迫子宮破裂の専門外来

切迫子宮破裂に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ