作業関連疾患サギョウカンレンシッカン

作業関連疾患はどんな病気?
作業関連疾患とは労働者の健康を管理する労働者医療という概念の中で生まれたもので、WHOにより1982年に明確な定義付けが行われました。その内容として作用形態、作業環境、作業条件などを主体とした作業を要因とする疾患の総称という定義が与えられています。これには幾つかの種類があり、該当する疾患には主に職業病の他、心血管疾患や慢性非特異系呼吸器疾患、筋骨格系疾患、内臓疾患が挙げられます。


作業関連疾患の症状
作業関連疾患の症状は、この病気を引き起こす労働の内容によって、いろいろなものがあるので一概に述べることはできません。一例として、過労死の場合には、死に至るまでに、うつ病を患ったり、胃痛や下痢などの消化器系統の疾患や、高血圧症や心臓疾患などの循環器系統の疾患を患うことが多く、直接的な死因としては脳溢血や心筋梗塞などがあげられます。

作業関連疾患の原因
作業関連疾患の主な原因として、仕事中に作業を続けている時に、様々な要因によって疾患を伴う病気を引き起こしてしまう事です。例えば、長時間座り作業をしていると、痔になりやすいという症状です。その他に、パソコンに関連した作業を長い間続けていると、目のドライアイの症状が出やすいです。適度に体を動かすなどの自主的な対策が必要です。

作業関連疾患の検査と診断
作業関連疾患の検査方法については、まずは産業医による詳細な問診によって労働者のストレスや体の不調になっている原因について詳細に把握することから始めます。次に血液検査や尿検査等を行い、コレステロール値や循環器系等々の異常要素がないかを調べるとともに、ウィルスの感染がないか、その他、レントゲン検査を行うことで詳細を探知します。これらを定期的に行います。

作業関連疾患の治療方法
作業関連疾患の治療法は、ストレスやそのほか精神面の場合はカウンセリング、精神療法、肉体的ダメージの場合は一般的な治療方法で対処する傾向にあります。どういった仕事に就いているかによっても対応は異なる傾向にあるので、その人に合わせて治療する必要があります。場合によっては仕事を休み、安静に過ごすことが大事ですし、職場を変えたほうが良い場合もあります。

作業関連疾患の初診に適した診療科目

作業関連疾患の専門外来

作業関連疾患に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ