肝細胞性黄疸カンサイボウセイオウダン

肝細胞性黄疸はどんな病気?
肝硬変や脂肪肝などの肝臓の病気に罹っていると、肝細胞性黄疸は発症します。肝細胞の機能が肝臓の病気によって低下したことが原因で発病します。肌の色が黄色になったり、尿の異常が初期症状として現われてきます。症状が悪化すると視力が低下したり、目に違和感を感じるようになります。治療するには、肝臓内科がある病院で手術を受ける必要があります。


肝細胞性黄疸の症状
肝細胞性黄疸の症状とは、とくにこのタイプの黄疸だからといって、ほかのタイプの場合と違うものではありません。黄疸というもの自体がこの病気を見てわかるものですので、いずれも、目の白目の部分が黄色味をおびる、皮膚が黄色くなる、尿や尿の泡までもが茶褐色のビールのようになってきてこれはビリルビン尿とよばれています。この尿がでると重症です。

肝細胞性黄疸の原因
肝細胞性黄疸とは肝臓病によって起きる病気の一つで、血液中にビリルビンという色素が増加することで、白目や手足の裏などの皮膚組織や体液に黄疸症状(黄色っぽくなる)が発生することをいいます。黄疸の原因は肝硬変や肝炎などにより、肝細胞が大量に壊死すると肝機能が低下したり、胆汁の流れが阻害されたり、赤血球が壊されたりすることで起きます。

肝細胞性黄疸の検査と診断
肝細胞性黄疸とは、急性ウイルス性肝炎や薬剤性肝障害、肝硬変等が原因で肝細胞の壊死が広範囲に及んだ結果、ピルビリンの処理が円滑におこなわれなくなってしまったことにより生じます。検査方法は、症状があらわれた後に病院へ行き診察をうけることによってわかります。この症状が出るということは肝臓に異変が起きているということですから検査もしやすいです。

肝細胞性黄疸の治療方法
肝細胞性黄疸の治療法は肝臓を労ることです。皮膚上に現れた黄疸だけを消す事はできないので肝臓を労らなければいけないのです。アルコールは一切禁止し食事制限も行います。肉などの脂肪分を多く含んだ物はカットし、高タンパクで高エネルギーなものを中心に摂取します。肝臓の状態がかなり悪い時は食事ではなく点滴を利用して栄養を摂取します。

肝細胞性黄疸の初診に適した診療科目

肝細胞性黄疸の専門外来

肝細胞性黄疸に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ