歯周病シシュウビョウ

歯周病はどんな病気?
歯周病とは磨き残しで残った歯周細菌が歯周ポケットに入っておこる病気です。一般的に初期状態の歯茎の炎症とかであれば歯医者さんで歯石を取ってもらったら、個人でケアをすることで治す事ができます。ですが進行の進んだ状態だと歯槽骨が溶けてしまい、手術が必要なケースもあります。予防するためには毎日のケアが大切になります。歯磨きをしっかり隅々まで行うと予防できます


歯周病の症状
歯周病の主な症状は歯磨きの時や硬いものを噛んだ時にみられる歯茎からの出血です。更に進行すると膿が出てむず痒さや痛みを伴います。他にも歯茎が腫れたりブヨブヨした感じがする、細菌が口内に増殖することによってかなり強い口臭がする、細菌が唾液中に含まれるので口内がネバネバした感じがする、歯茎の色が赤くなり徐々に濃くなる、歯茎の後退により歯が長く見えるなどが挙げられます。

歯周病の原因
歯周病の原因はさまざまなことが関係しています。歯磨きを怠ったことによる歯石やプラークの増加、喫煙、ストレスによっても悪化すると言われています。また、糖尿病患者は細菌に対する抵抗力が弱まるので、それによっても悪化することがあります。歯と歯茎の間を清潔に保ち、甘いものや柔らかいものを食べ過ぎないようにすれば要因を減らすことができます。

歯周病の検査と診断
歯周病は、とくに初期段階では、自覚症状がほとんど出ないので、歯医者さんなどでの検査を受けないと、 正確な診断を行うことはできません。検査方法は、プローブという針のかたをした器具を使って歯周ポケットの深 さを調べるプロービング検査と、エックス線写真によって歯を支える骨の状態を調べるレントゲン検査、原因となる歯の周囲の汚れの状況を調べる検査などがあります。

歯周病の治療方法
歯周病の治療法はその進行状況にもよりますが、まず一般的に行われるのが歯石の除去です。医療用の器具を使って歯茎に入り込んだ歯石を除去します。歯の内分まで進行している場合には抜歯する方法もあります。抜歯して内部に溜まった膿を取り除くのです。抜け落ちてしまった歯がある場合はまず歯茎の治療を行ってから人工的に歯を入れて治療をします。

歯周病の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

歯周病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ