混濁尿コンダクニョウ

混濁尿はどんな病気?
尿は人間が排出する液体の中では最もきれいな状態で排出されるもので、その中は無菌であり黄色またはごく薄い黄色の透明感がある色をしています。膀胱炎や尿路結石などが原因で、腎臓や膀胱の中に細菌、血液、膿などが生じ、尿の中にそれらが混じると混濁尿と呼ばれる状態を呈するようになります。これには血尿、膿尿、塩類尿といった種類分けがあります。

混濁尿の症状
混濁尿の症状は、主に尿成分の異常から起こりうるものが多いため、尿が黒ずんだり血尿が発生したり赤色尿も発生する恐れがあります。また、成分的にもタンパク質が異常に多く検出される蛋白尿として検出される場合もあります。性器自体にも痛みや痒みが発生する場合もあり、治療をせずに放置しておくと最悪性器を失ってしまうケースもまれにあります。

混濁尿の原因
混濁尿は膀胱炎や尿路結石などによって腎臓の内部や膀胱の中に血液、細菌あるいは膿などが生じることによって起こります。血液が混じっている場合は腎臓から尿が排泄される尿道口までの経路のどこかに炎症が起こっていること、膿が混じっている場合はこれらの経路のどこかで細菌感染などによって化膿を起こしていること、細菌が混じっている場合ではどこかで感染をきたしていることが原因です。

混濁尿の検査と診断
混濁尿の検査方法は尿を採取して尿の成分を検査します。正常な尿でも色に変化があるので、診断を確定するために尿の成分を検査して、尿の中に血液や白血球が混入していないか調べます。血液や白血球の他に尿酸塩が混入することもあります。尿に含まれている成分を調べこれらの成分が復数混入していると確定するので、尿の色だけでなく成分検査をします。

混濁尿の治療方法
腎不全を起こしている場合は、腎臓を切除する治療法を受けると混濁尿が出なくなります。腎臓結石による尿の以上の場合は、腎臓に溜まっている結石を砕く超音波治療を受ける事で、血尿と尿の異常を治療することが出来ます。膀胱に違和感がある時は膀胱ガンのおそれがあるので、泌尿器科で手術を受ける必要があります。症状が軽い時は自然に治ります。

混濁尿の初診に適した診療科目

混濁尿に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ