心因性難聴シンインセイナンチョウ

心因性難聴はどんな病気?
外耳、中耳、内耳、蝸牛神経、脳幹に障害がみられないにもかかわらず、聴力検査結果で異常がみられることがあり、多くの場合心因性難聴であることが多いといわれています。


心因性難聴の症状
性格や精神的な弱さなどの内因的要素と、学校や会社の対人関係、いじめ、家庭不和、親子関係などの社会環境的要素が複雑に関連し、その結果、難聴を自覚します。また、その他の症状として本来難聴では少ない過度の耳痛や視覚異常(らせん状視野狭窄〈きょうさく〉)の他、頭痛、腹痛、食欲不振などの心身症状を伴う場合もあります。

心因性難聴の初診に適した診療科目

心因性難聴の専門外来

心因性難聴に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ