聴神経鞘腫チョウシンケイショウシュ

聴力低下や耳鳴り、三叉神経鞘腫では顔の知覚低下などです。時には、神経刺激症状(痛みなど)が起こることもあります。腫瘍がある程度大きくなると、近くに顔面神経が走行しているので顔面神経麻痺(顔がたるんで反対側がひきつったように非対称になり、まぶたが閉じられない)を伴うことがしばしばあります。三叉神経が侵されると、顔面の知覚低下が起こったり、舌咽(ぜついん)神経や迷走神経が侵されると、食べ物の飲み込みが悪くなったり、声が嗄(か)れたりします。さらに腫瘍が大きくなると脳幹や小脳を圧迫するようになり、運動失調(手足のふるえやふらつき)や手足の運動麻痺、さらには意識障害が起こり昏睡に陥ることもあります。脳幹への圧迫が強くなると髄液の流れが悪くなり水頭症を起こすので、頭痛・嘔吐などの頭蓋内圧亢進(ずがいないあつこうしん)症状をきたして、生命を脅かすこともあります。最近では腫瘍が小さい場合には、手術よりも放射線療法が行われることもあります。

聴神経鞘腫の初診に適した診療科目

聴神経鞘腫の専門外来

聴神経鞘腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ