外傷性鼓膜穿孔ガイショウセイコマクセンコウ

外傷性鼓膜穿孔はどんな病気?
外傷性鼓膜穿孔とは外的な要因、例えば平手打ちを受けたり綿棒などによる耳かき行為、耳管への異物侵入等による強い衝撃で鼓膜が損傷し破れるという症状です。これらの要因は主に異物が直接鼓膜を穿孔する直達性穿孔と、航空機やダイビングといった気圧の急激な変化により鼓膜穿孔が生じる介達性穿孔に分けられます。主な症状としては難聴が最も多く現れ、他に耳痛や耳内出血、耳鳴りなども生じます。


外傷性鼓膜穿孔の症状
外傷性鼓膜穿孔とは、耳に衝撃や爆音などを受けることで鼓膜が破裂し穴が開いてしまう症状のことをいいます。軽度のものであれば自然治癒を待っていればいいのですが、重度のものになれば鼓膜の再生手術と音を聞き取るのに大事な耳小骨の形成手術を受ける必要が出てくるのです。これを受けないでいると重度の難聴になってしまい音が聞こえなくなります。

外傷性鼓膜穿孔の原因
外傷性鼓膜穿孔の主な原因とは、外部からの強い衝撃により鼓膜が破れてしまうことになります。耳を平手で叩かれた事で、耳の中でその空気の圧力により鼓膜が損傷してしまうことがあります。又、子供の耳掃除の際に、何らかの理由で衝撃が加わり、鼓膜にダメージを与えてしまうことでも起こります。その為、これらの外的な余計な力が鼓膜に加わることに注意が必要になります。

外傷性鼓膜穿孔の検査と診断
外傷性鼓膜穿孔の検査方法は、耳鏡検査を行います。外耳道が血液によって見えにくいときは慎重に吸引しますが、洗浄と気密耳鏡検査法は行わないように注意します。診断を確定するためには耳顕微鏡で検査をしたり、中耳のインピーダンス検査をすることがあります。また、治療の前後には聴力検査をして外傷による難聴か治療によるものかを調べます。

外傷性鼓膜穿孔の治療方法
穴が開いた鼓膜を治療するための手術を受けると、鼓膜の機能が再生して外傷性鼓膜穿孔を治すことが出来ます。鼓膜の穿孔のサイズが小さい場合は、自然治癒で治すことが可能です。重度の場合は、人口鼓膜を取りつける治療法で聴力を取り戻すことが出来ます。鼓膜が化膿を起こしている時は、鼓膜の膿を全て取り除いて抗生物質を注射する必要があります。

外傷性鼓膜穿孔の初診に適した診療科目

外傷性鼓膜穿孔の専門外来

外傷性鼓膜穿孔に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ