花粉症カフンショウ

花粉症はどんな病気?
スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれることもあります。日本人の約25%が花粉症といわれていて、原因となる花粉の飛ぶ時期にだけ症状が出るのが特徴です。


花粉症の症状
■鼻:くしゃみ、鼻水、鼻づまり

■目:かゆみ、涙、充血

■その他:のどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じ、など

上記以外に、シラカンバ、ハンノキ、イネ科花粉症などの人が、ある果物や野菜を食べると口の中がかゆくなり腫れたりする「口腔アレルギー症候群」もある。

花粉症の原因
スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなどで、約70%がスギ花粉症であると推察されている。

花粉症の検査と診断
花粉症と正しく診断する方法には、アレルギー検査として血液検査と皮膚検査があります。血液検査では、血液内の好酸球、IgE抗体、花粉に反応するIgE抗体を調べる。血液検査により、どの花粉が原因かも特定することができます。

花粉症の治療方法
■くしゃみ、鼻水、のどのかゆみなど

抗ヒスタミン薬を毎日きちんと飲むことで症状が抑えられます。

■鼻づまり

完全に鼻がつまってしまうと症状が改善するまでに時間がかかるため、早めに医師の処方を受けることが必要です。抗ヒスタミンだけでは症状が改善しにくいため、最近では抗ロイトコトリエン薬など鼻づまりに効果的な薬が登場しています。重症の鼻づまりには鼻噴霧用ステロイド薬が有効です。

■目のかゆみ

症状の頻度で2番目に多く(日本眼科アレルギー研究会調べ)、かゆみの他、ごろごろする、瞼の皮膚が荒れてかゆいなどの場合もあります。アレルギー用点眼薬を本格的な飛散の前から毎日使用することで軽減できます。

花粉症の初診に適した診療科目

花粉症の専門外来

花粉症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ