先天性水腎症センテンセイスイジンショウ

先天性水腎症はどんな病気?
先天性水腎症(せんてんせいすいじんしょう)という病気についてです。腎臓(じんぞう)でできた尿は、尿路のどこかに流れの悪い場所がある場合に尿が貯まっていくことで、内部の圧力が上昇し、腎盂(じんう)腎杯(じんぱい)のどちらも尿でいっぱいになり拡張します。尿の圧力で腎盂腎杯が拡張し腎実質の委縮が起きている状態を水腎症といいますが、生まれつき(先天性)で起きている場合、この病気を指していいます。


先天性水腎症の症状
先天性水腎症の症状としてあげられるのは、腎臓にある背中から脇腹にかけて痛みを感じるということです。その痛みは強く、持続するものです。しかし、部位によっては腰部に軽い痛みを感じる場合やまったく痛みを感じないこともあります。腎臓が大きくなることで周りの臓器が圧迫されるため気持ちが悪くなったり、嘔吐をするなど消化器に不調がみられることもあります。

先天性水腎症の原因
先天性水腎症の原因には、先天性の尿路閉塞症があります。先天性尿路閉塞症は腎臓から尿道にかけてのいずれかの部分が生まれつき非常に狭くなっていたり、塞がっている状態です。尿路閉塞症の中でも上方部分の閉塞に関しては、腎盂尿管移行部狭窄や、尿管膀胱部移行狭窄が考えられます。下方部分の閉塞に関しては、尿道狭窄や尿道弁などが影響していると考えられます。

先天性水腎症の検査と診断
先天性水腎症の検査方法としましては、まずは超音波検査という方法があります。比較的容易に診断することが出来る病気となっていますので、超音波でも用意に調べることが出来るようになっています。さらに正確に診断したい場合においては、アイソトープを使用しての検査をするという方法がありますので、必要な場合においては使用することが考えられます。

先天性水腎症の治療方法
細菌感染を予防する薬を服用するだけで、初期状態の先天性水腎症を治すことが出来ます。水腎症が重度の時は、病気で痛んだ腎臓を切除する治療法を受けると、腹痛と血尿の症状が起きなくなります。尿路感染症を発症している場合も、同様に腎臓の切除手術を受ける必要があります。膀胱に異常がある時は、腎孟形成手術を受けると尿の異常が発生しなくなります。

先天性水腎症の初診に適した診療科目

先天性水腎症の専門外来

先天性水腎症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ