精管炎セイカンエン

精管炎はどんな病気?
精管炎とは、尿の中の細菌が精巣上体に入り込み炎症を起してしまう炎症症状のことです。この症状の場合は、精管だけでなく副睾丸炎や前立腺炎、精嚢炎などにも細菌が入り併発して炎症が起こることが知られています。この症状の治療法としては、細菌を特定して適切な抗生物質を投与することでほとんど1週間から2週間ほどで完治することができます。

精管炎の症状
精管炎の症状は、精巣の激痛、精管に沿う器官の放散痛、悪寒、高熱、嘔吐などが挙げられます。炎症を起こすと、睾丸から下腹にかけて伸びる精管が、触れることができるほど太く固くなります。急性の場合は、下腹部に痛みを感じます。精管のみが冒されるということはほとんどなく、多くの場合は副睾丸炎、前立腺炎、精嚢炎などの合併症がみられます。

精管炎の原因
精管炎とは男性の精管に細菌などが入り込み炎症を起してしまうことをいいます。原因としては、細菌感染があるので陰茎を清潔にしておく必要があります。細菌感染によるものなので菌が特定できれば、適切な抗生剤治療を行なうことで殆ど1週間以内に完治することができるはずです。ただ放置しますと精管が狭窄したりして精子が通らなくなり不妊症になります。

精管炎の検査と診断
精管炎の検査方法は、主に尿検査を行うことによって成します。普通は尿に何かしらの最近が混じっていたりすることはなく、綺麗なものなのですが、しかし何らかの形で排泄に関する病気にかかっていると、その結果として陰嚢などに細菌が広がりますから、尿検査をやれば、尿の中から白血球の増大を探知したり、または細菌そのものを見つけ出したりすることができるのです。

精管炎の治療方法
精管炎の治療法は、抗生物質の投与や鎮痛剤の投与による治療で回復する傾向があります。またこれらは急性的になった患者のみに適用される治療になり、慢性的にこの症状が起きている場合は外科手術の必要性が出てきます。また手術により睾丸に障害が起きてしまう場合も確認されており、手術を行う際は患者との綿密なカウンセリングの必要性も懸念されています。

精管炎の初診に適した診療科目

精管炎の専門外来

精管炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ