睡眠発作スイミンジホッサ

睡眠発作はどんな病気?
睡眠発作とは、ナルコレプシーという病気の症状の一つです。本人の意思に関係なく突然眠り込んでしまう症状で、30分ほどで自然に目覚め、起きれば気分はすっきりします。しかし数時間経つと再び激しい睡魔に襲われます。危険な作業や大事な会議のような気が抜けない場面でも、本人の意思とは関係なく起こってしまう症状のため、この病気について理解がない人には怠けているなどと捉えられることがあります。


睡眠発作の症状
睡眠発作が起こると、睡眠不足になり、自律神経やホルモンのバランスが崩れることによって、いろいろな症状が出ます。肉体面では、片頭痛が起きたり食欲がなくなったりすることがあり、精神面では、落ち着きがなくなり、不安で気持ちが塞いできたり、怒りっぽくなったりするなど、自分で自分の感情をコントロールすることができなくなってきます。

睡眠発作の原因
睡眠発作の原因は、主に睡眠の質の問題があることにあげられ、睡眠障害の一種として捉えられる場合が多いです。遺伝的な問題も大きく関与し、家族性で発生する場合もあります。また、日中の眼の酷使や仕事上や作業上での目の疲労感なども関与し、症状が大きいほどこの病気は発病する可能性が高くなります。また、睡眠中に寝言を発言したり、寝付けない場合などもこの病気の可能性があります。

睡眠発作の検査と診断
最近、ぐっすり睡眠をとっていますか。睡眠不足や寝つきの悪いと頼ってしまうのが薬ではないでしょうか。しかし薬を飲むと発作を起こしてしまう方いませんか。それは睡眠発作かもしれません。一度病院にご相談をしてみてはいかがでしょうか。検査方法も心理学を学んでる医師も多く安心して向き会えます。薬の苦手な方や女医さんもいますので女性の方にもオススメします。

睡眠発作の治療方法
睡眠発作の治療法は、睡眠薬、生活改善などがあります。働いている人であれば、職場が影響している可能性があります。職場によって不規則な生活を強いられている場合は、転職した方が良いといえます。特に、深夜業務が当たり前の場合は注意が必要となります。睡眠薬は、効果の強い物の方が睡眠効果は高いですが、使用し過ぎると薬がないと眠れない体質になる場合があります。

睡眠発作の初診に適した診療科目

睡眠発作の専門外来

睡眠発作に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ