前置胎盤ゼンチタイバン

胎盤は受精卵が着床した場所にできますが、なんらかの原因で子宮の下の方の着床しそのまま胎盤ができ、内子宮口の全部または一部を胎盤が覆ってしまう状態、それを「前置胎盤」と言います。突然に無痛性の性器出血を起こします。最初は少量の性器出血のことが多いですが、大量に出血し強度の貧血を起こすこともあります。出血は子宮収縮時に増量します。常位胎盤早期剥離(はくり)の場合も性器出血が起こりますが、前置胎盤と違って腹痛(激痛)を伴い、腹壁が急激に膨隆・緊張して圧痛(あっつう)を伴います。胎児の心拍動も前置胎盤の場合は異常がないことが多いです。また、前置胎盤では胎位異常(骨盤位など)が高頻度で認められます。

前置胎盤の初診に適した診療科目

前置胎盤に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ