間欠熱カンケツネツ

間欠熱はどんな病気?
間欠熱とは、拡張型の発熱の一種と考えられています。1日の中の体温の変動が1度以上あって、もっとも体温が低いときには正常児の対応に戻ることが特徴です。この状態は、特に解熱剤などを使用した時によく観察されます。また、このタイプの発熱は、上記のような太陽の変動が数時間から数日の周期で何とか繰り返されることが多いと言われています。

間欠熱の症状
体温が1℃以上の変化をとって上昇と下降を繰り返し、それが数時間から二日おきくらいの間隔で続きます。似た症状に弛張熱もありますが、間欠熱はその一日の最低体温が37℃以下の平熱のことも、別の時間帯には高熱になっていることもあります。マラリアや敗血症、腎孟炎でもこのような発熱の仕方がみられることがありますので、注意が必要です。

間欠熱の原因
高熱と無熱が交互に現れる間欠熱には、原因とされるいくつかの病気があります。まず、海外渡航歴があればマラリヤが考えられます。また何らかのウィルスに感染した場合、リンパ球に悪性腫瘍ができた場合も症状がでます。その他、シラミやダニに咬まれ発症する回帰熱、敗血症、胆石による閉塞で胆汁がうっ血したところに細菌感染が重なった場合、尿路感染症などによることもあります。

間欠熱の検査と診断
間欠熱の検査方法は体温を計測し、1日の体温差が1℃以上あって37℃以下まで下がると確定します。高熱と平熱を繰り返すことはよくあるので、体温を細かく計測して平熱と高温の差を調べます。不規則に高熱と平熱を繰り返したり、定期的に高熱と平熱を繰り返す発熱も多いので、診断を確定させるためには、体温計測で正確な数値が必要なのです。

間欠熱の治療方法
発熱が少ない間欠熱なら、ステロイド薬の投与で発熱を緩和させる事が出来ます。発熱によって脱水症状を起こしている時はブドウ糖入りの点滴を受けると、めまいと脱水症状を和らげる事が出来ます。発熱の症状が治まらない時は、解熱剤とストロイド薬を併せて使う治療法で熱を下げる事が出来ます。肺炎を起こしている時は、抗生物質を使用すると肺の炎症が治ります。

間欠熱の初診に適した診療科目

間欠熱の専門外来

関連部位から他の病名を探す

間欠熱に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ