閉塞性肺炎ヘイソクセイハイエン

閉塞性肺炎はどんな病気?
閉塞性肺炎とは、気道が閉塞してしまったことで起こる肺炎で、肺炎の中でも命に係わる種類の一つです。特徴として肺癌と併発しやすいことがあげられます。長年の喫煙が大きな原因といわれており、症状は気道が閉塞することによる、動悸、息切れ、痰の増加などです。即効性がある治療はなく、回復には長期的な投薬治療やリハビリが必要となってきます。


閉塞性肺炎の症状
閉塞性肺炎によって引き起こされる症状として、肺胞が著しく破壊されることが挙げられます。肺内には無数の肺胞がありますが、その肺胞が破壊されていきます。また、それと同時に気道に炎症が見られることがあり、これらの病状は慢性化する危険性も考えられています。また、気道が閉塞する状態を容易に発見することができ、様々な状態に陥る可能性があります。

閉塞性肺炎の原因
この閉塞性肺炎の主な原因としては長期的な喫煙習慣で、有毒な気体や特殊な粒子の吸引によっても発症するものです。又、受動喫煙を含めた環境的な要因が影響を及ぼす事で、この病気になることもあり、気道が塞がれ、息切れや動悸などが出てくるという特徴があります。又、気道が閉塞してしまう肺炎であるために、日常生活に大きな影響を及ぼすことになります。

閉塞性肺炎の検査と診断
閉塞性肺炎の検査方法として、最も多く行われているのは呼吸機能検査です。スパイロメトリーと呼ばれ、この検査をすることで呼吸の機能に異常がないかを発見することができます。また、X線検査やCTスキャンによる検査を行うことによって、肺炎の症状が引き起こされているかどうかを確実に発見することができ、正確な検査をすることができる可能性が高くなります。

閉塞性肺炎の治療方法
閉塞性肺炎の治療法は入院療法です。肺に負担がかからないように空気の綺麗な病院に入院し肺の内部の肺胞の回復を図ります。喫煙者はタバコを断ち今後一切の喫煙を禁じられます。肺胞が回復するには時間がかかるので正常に呼吸できるようになるまでは入院治療を続けます。入院を続けて肺胞が元気になり痰が絡まないようになってくるとリハビリを開始します。

閉塞性肺炎の初診に適した診療科目

閉塞性肺炎の専門外来

閉塞性肺炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ