スギ花粉症スギカフンショウ

スギ花粉症はどんな病気?
スギ花粉症の症状にはいろいろあります。とても辛くて大変な症状です。スギから飛び散る花粉によって症状が現れます。クシャミ、鼻水、目のかゆみ、目の充血や涙など色々な症状が出ます。治療法として飲み薬や点鼻薬、目薬とあります。専門家では注射をするところもあります。花粉はスギだけではありませんが、スギの花粉が1番知られている花粉症です。


スギ花粉症の症状
スギ花粉症に罹患した場合のおもな症状として、もっともよく見受けられるのは、くしゃみや鼻水などです。これらの反応は、異物であるスギ花粉を体内から排除しようとする重要な生理反応です。これらのアレルギー反応が比較的重度の場合には、上記の現象のほかにも、発熱や頭痛など、いわゆる風邪で観察されるような状態が見受けられることもあります。

スギ花粉症の原因
スギ花粉症とはスギ花粉が多く飛散する日に花粉が目や鼻に入り込み体の免疫反応が異物と認識して過剰に反応することで涙、鼻水が大量に出てくる症状のことをいいます。この原因としては、1960年代に大量に国内の木材供給を増やすために植樹したスギが最も花粉を出す時期にかかっているために日本で多く発症し始めていると考えられています。

スギ花粉症の検査と診断
スギ花粉症の検査方法としてはまず問診を行い、患者から、発症に関するいろいろな情報を聞き出します。2~4月に鼻や目に症状が現れていることが聞き出せると、この花粉症の疑いが強くなります。アレルギーの原因になっているものを割り出すために、皮膚反応テストを行います。スギの抗原エキスを使って皮膚の反応を見ます。また血清抗体検査も行います。患者から少量の血液を取り、スギの抗原と反応させます。

スギ花粉症の治療方法
スギ花粉症の治療法ですが、スギ花粉によるアレルギーが重度であると判断される場合には、積極的な治療が行われることになります。いくつか方法が考えられますが、代表的なものとして薬の服用による対症療法、抗原であるスギ花粉を用いた減感作療法、場合によっては、鼻の粘膜をレーザーなどで焼いて固定するような手術が行われることもあります。

スギ花粉症の初診に適した診療科目

スギ花粉症の専門外来

スギ花粉症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ