先天性股関節脱臼センテンセイコカンセツダッキュウ

先天性股関節脱臼はどんな病気?
先天性股関節脱臼とは出産の前後に股関節がはずれてしまう病気のことです。本来股関節は大きな負荷に耐えられるようになっているものです。この病気は幼いうちに早期治療を始めないと、年齢とともに進行しますから耐え難い痛みが生じます。国内ではすべての乳幼児に股関節の検診を受けるよう義務付けられています。検診で大丈夫と言われても、母親がおかしいなと感じたら専門医を受診するといいでしょう。


先天性股関節脱臼の症状
先天性股関節脱臼とは、生まれながら股の関節が外れている病気です。乳児期以降では、股の開きが悪い、足を揃えて膝をたてた時に、太ももの皮膚のしわが左右非対称の症状から、生後3ヶ月以降では、X線検査で診断されます。胎内で膝関節を伸ばしていた逆子に多く見られますが、アシヲ真っ直ぐ伸ばすようなオムツのあて肩も原因のようです。出産で生じた脱臼は、心がけで大部分は治りますが、胎児期の脱臼はバンドで整復します。

先天性股関節脱臼の原因
先天性股関節脱臼の原因には、大まかに、子宮内における胎児の姿勢異常、出生後の持続的下肢伸展の今日性が挙げられます。前者は、骨盤位分娩の一つ、単殿位分娩によって脱臼を起こすことが多くなっています。この場合、発生リスクは通常肢位での分娩時の約100倍とも言われています。一方、後者は、下肢伸展の状態で赤ちゃんのおむつを当てる習慣のある民族は、当てない民族より発症リスクが高くなる傾向を示します。

先天性股関節脱臼の検査と診断
先天性股関節脱臼の検査方法は、医師が視診にて下肢の動きや、皮膚のしわ、脚の角度、脚の長さの左右差、触診での股関節の開排制限やクリックの有無を調べることにより検査されます。確定診断は3か月が適切とされています。自然治癒することも多いので経過観察されますが、補助的診断として下半身のレントゲン検査や超音波検査が行われることもあります。

先天性股関節脱臼の治療方法
先天性股関節脱臼の治療法は、脱臼の状態により異なります。脱臼準備状態は原則的に経過観察のみで、赤子が自由に動くのを妨げないようにすれば正常化します。亜脱臼や脱臼の場合は、リーメンビューゲルというあぶみ付のバンドの装備を付けて正常化するのを待ちます。高度脱臼や生後6か月を過ぎて発見された脱臼は、手術が必要な場合もあり、整復後数週間のギプス固定後、リーメンビューゲル装具の着用にて正常化させます。

先天性股関節脱臼の初診に適した診療科目

先天性股関節脱臼の専門外来

先天性股関節脱臼に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ